本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ミクロな世界に凝縮されたディティール ガラス容器に入った極小ジオラマ
 手の中に収まる小さなガラス容器の中に入っているのは、地下室のある喫茶店。テーブルの上には、ティーポットやソーダ水のグラスも見えます。 これは、極小サイズのジオラマ作家「猫耳工廠」さんが手がけた、東京都内に実在する喫茶店のジオラマです。ミクロな世界に凝縮された、リアルなジオラマについて話をうかがいま...
別窓で開く

『フレンチ・ディスパッチ』はウェス・アンダーソンが“架空の雑誌”最終号に「好き」を詰め込んだ監督10作目
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.■『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ウェス・アンダーソンは雑誌「ニューヨーカー」に高校生で...
別窓で開く

ウェス・アンダーソンの撮影現場は「ファミリー」 ティモシー「45回、撮り直し」も納得
ウェス・アンダーソン監督の長編10作目となる最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』が本日(28日)より劇場公開。キャストたちが撮影現場でのエピソードを語る特別映像が解禁された。...
別窓で開く

極寒の山脈で裸同然の遺体が発見「ディアトロフ峠事件」とは?ソ連で起きた不可解なことが多すぎる事件を解説
 今回紹介する、事故と災害を解説するところさんが投稿した『【ゆっくり解説】何かに追われていた?男女9人が不可解な最後を迎えたその結末とはディアトロフ事件』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1959年、ソビエトで発生した「ディアトロフ峠事件」を解説していきます。...
別窓で開く

登場人物たちの愛らしく刹那を宿した人生を描いてきた、ウェス・アンダーソンの集大成『フレンチ・ディスパッチ』:映画レビュー
オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマンといったお馴染みの顔ぶれに加え、ティモシー・シャラメ、ベニチオ・デル・トロ、ジェフリー・ライト等が初参加。...
別窓で開く

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』を作り上げた。ナレーターをアンダーソン映画の常連の一人でも...
別窓で開く

<THE RAMPAGE 囲み取材レポート>川村壱馬、涙のデビューを回顧 吉野北人「THE FIRST TAKE」出演で感じたこと明かす
【モデルプレス=2022/01/25】THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが25日、都内にて4thアルバム「RAY OF LIGHT」のリリースとメジャーデビュー5周年を記念したスペシャルイベントを開催。イベント前にリーダーのLIKIYA、陣、ボーカルのRIKU、川村壱馬、吉野北...
別窓で開く

ティモシー・シャラメ、オスカー女優と奇妙な友情が芽生える 『フレンチ・ディスパッチ』本編映像
ウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』より、俳優ティモシー・シャラメ演じるゼフィレッリとオスカー女優フランシス・マクドーマンド演じるルシンダの、バスルームで風変わりな友情が芽生える本編シーンが解禁された。...
別窓で開く

長友佑都、百戦錬磨の経験を生かす時 若手から刺激受けW杯イヤーを突き進む
国際Aマッチ歴代2位の131試合に出場し、自身4度目となるワールドカップ出場を目指している長友佑都。彼にとって勝負の2022年、カタールW杯イヤーが幕を開けた。 新シーズン始動の舞台となったのは、1月17日から21日に行われた国内組の日本代表合宿。2008年5月のコートジボワール戦で初キャップを飾っ...
別窓で開く

日テレ退社発表の枡アナ、フレッシュな新人アナ時代 “同期”青木源太が公開
フリーアナウンサーの青木源太が23日、自身のインスタグラムを更新し、この日、3月いっぱいで日本テレビを退社することを発表した日本テレビアナウンサーの桝太一と写った新人アナウンサー時代の2ショット写真を公開。反響が集まっている。...
別窓で開く