本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長は2日に公表されたイタリア紙レプブリカとのインタビューで、ロシア軍が占拠するウクライナ南部ザポリージャ原子力発電所への「安全保護地帯」設置に関する協議で「重要な進展があった」と述べた。ロシアが軍部隊の全面撤退に応じるかどうかは不透明で、協議は...
別窓で開く

ロシアの敗色濃厚か…軍さえ望む!? 戦犯プーチンへの“死の裁き
(画像)Harold Escalona/Shutterstock日本時間15日夜遅く、ウクライナとの国境に近いポーランドに落下したミサイルがどこのものなのか慎重に見極める必要がある中、ウクライナに侵攻したロシア軍が末期状態に陥っている。わずかな訓練を受けただけの部隊が全滅し、兵器も弾切れ状態でイラン...
別窓で開く

ウクライナ戦争が新たな局面に入った。2022年11月9日、約4万人規模のロシア軍が立てこもっていた南部ヘルソン州の州都ヘルソン市から全面撤退することを発表したからだ。ヘルソン州は2022年9月末にプーチン大統領が併合宣言した東・南部4州の一つ。同年2月末に始まった侵攻直後にロシア軍が制圧し、侵攻の成...
別窓で開く

プーチンは今日も市民を殺し続けている 戒厳令下のウクライナ・ザポリージャ州最新レポート
■「たまたま部屋を出たあとで…」 ウクライナの反転攻勢が伝えられる一方で、首都キーウをはじめとする都市部や電力施設に対し、自爆型無人機やミサイルを使った空爆を再開させたロシア軍。さらにプーチン大統領は併合宣言した東部・南部4州に戒厳令を発動、ウクライナ市民たちへの攻撃は日毎に激しさを増している。...
別窓で開く

墜落にデタラメ発射…「油も砲弾も使いものにならない!」ロシアと北朝鮮「ポンコツ軍事同盟」の瀬戸際を嗤う
 ウクライナによる東・南部4州(ルガンスク、ドネツク、ザポリージャ、ヘルソン)の奪還作戦が進行する中、ロシア軍はやがて訪れる酷寒期を見据え、ウクライナ全土のエネルギー・生活関連施設などをターゲットとしたミサイル攻撃を繰り返している。 一方、北朝鮮は米韓合同軍事演習への対抗措置なのか、ここへきて常軌を...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻は、2022年10月末で9カ月目に入った。軍事的に窮地に追い込まれたプーチン政権は、「ダム爆破」や「汚い爆弾」攻撃など新たな脅迫戦術に打って出た。戦勝は無理でも、何とかウクライナの反攻作戦の勢いを削いで、停戦交渉のテーブルに引き出すための瀬戸際戦略とみられる。国内的にも「部...
別窓で開く

冬を迎えウクライナ支援の欧州諸国に生じる「心理的な陰り」
筑波大学教授の東野篤子氏が10月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる侵攻から8ヵ月が経過するウクライナ情勢について語った。...
別窓で開く

ロシアがウクライナに惨敗したらどうなるか—米メディア
ロシアがウクライナに惨敗したらどうなるかについて、台湾メディアの中時新聞網が20日、米ニューズウィークの報道を引用して伝えた。それによると、ロシアの元下院議員で人権派弁護士のマーク・フェイギン氏は、「ウラジーミル・プーチン大統領はウクライナ戦争をコントロールできていない」「彼の将来が彼自身によって定...
別窓で開く

米国とロシアは本気で核戦争への準備を始めた… 人類の半数が死亡の最悪シナリオも
 北大西洋条約機構(NATO)は10月17日、核抑止の演習を開始した。「ステッドファスト・ヌーン」と呼ばれる演習に米国を始め14カ国が参加している。30日まで続けられる演習の狙いはウクライナ侵攻で核の脅しを続けるロシアを念頭に核抑止の維持を確認することだ。...
別窓で開く

米中ロの対立制御の限界とモラル教育の役割 寛容、思いやり、至誠:モラルの共有による秩序形成の補完
1.ロシアのウクライナ侵攻における悪循環 10月8日にクリミア大橋が爆破され、ロシアはその報復としてウクライナ各地にミサイル攻撃を行い、数十人の一般市民が命を落とした。戦争の無残さを象徴する出来事である。 ロシアの専門家によれば、ウクライナ侵攻が思ったような成果を上げられず、ロシア国内ではウラジーミ...
別窓で開く


[ ザポリージャ ] の関連キーワード

ウクライナ ポンコツ iaea ルソン 北朝鮮
ロシア

<前へ12345次へ>