本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



相馬勇紀、“26番目の男”から“日本の切り札”へ…三笘、久保と異なるドリブルで世界を切り裂く
FIFAワールドカップカタール2022初戦となるドイツ戦まで約2週間。日本代表は対戦国に先駆けて11日から決戦の地となるドーハでトレーニングを開始した。日中は35度超の猛暑と乾燥という中東特有の気候に慣れるべく、国内組7人が精力的に汗を流している。 集団をけん引するのは、フィールド最年長となる36歳...
別窓で開く

大きな話題となったエンビードのフランス国籍取得。仏代表選手やHC、そしてカメルーン側の反応は<DUNKSHOOT>
ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)のフランス国籍取得は、当然ながら同国のスポーツ界では大きな話題になっている。 真っ先にフランスのスポーツ紙『レキップ』の取材に応じたのは、フランス側でなくエンビードの出生地カメルーン側。カメルーン代表のサシャ・ギファHC(ヘッドコーチ)は...
別窓で開く

【識者が選ぶラ・リーガのベスト11】MVPは王者アトレティコのMFを選出!?バルサとマドリーからは2人ずつを…
 GKは5度目のサモーラ賞を獲得したヤン・オブラクだ。終盤だけでも、アラベス戦でのPKストップをはじめ、バルセロナ戦でのリオネル・メッシ、レアル・ソシエダ戦でのアレクサンダー・イサクのシュート阻止などビッグセーブを連発。“勝点を稼ぐGK”の面目躍如で、アトレティコ・マドリーの...
別窓で開く

ファン・バステン、ロナウド、エムバペ —— 過去30年の「超ワールドクラス図鑑」〜ストライカー編
ファン・バステン、ロナウド、イブラヒモビッチ、レバンドフスキ、そしてエムバペ——。豪華絢爛な「超ワールドクラス」ストライカーの歴史を、各年代に分けて振り返っていこう。■1990年代◆ジョージ・ウェア(元リベリア代表) 規格外の身体能力でゴールを強襲。選考対象が「欧州の選手」から「欧州でプレーする選手...
別窓で開く


<前へ1次へ>