本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オリンピアコス、バルサで構想外のユムティティに関心か…レンタルでの獲得を検討?
バルセロナ所属のフランス代表DFサミュエル・ユムティティに、オリンピアコス(ギリシャ)が関心を寄せているようだ。30日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 現在28歳のユムティティは、2016年夏にリヨンからバルセロナに加入。加入当初はコンスタントに出場機会を得て、DFの主軸になることも期待されてい...
別窓で開く

大きな話題となったエンビードのフランス国籍取得。仏代表選手やHC、そしてカメルーン側の反応は<DUNKSHOOT>
ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)のフランス国籍取得は、当然ながら同国のスポーツ界では大きな話題になっている。 真っ先にフランスのスポーツ紙『レキップ』の取材に応じたのは、フランス側でなくエンビードの出生地カメルーン側。カメルーン代表のサシャ・ギファHC(ヘッドコーチ)は...
別窓で開く

「俺は寄付なんかしない!」アデバヨールの発言が物議! “トーゴの英雄”はなぜ母国に援助の手を差し伸べないのか?
 新型コロナウイルスの影響で、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされるなか、自らの給与、または貯金を切り崩して、医療従事者や貧困にあえぐ母国に寄付をするフットボーラーは少なくない。 だが、そうした風潮に水を差すような決断をした男がいる。元トーゴ代表FWのエマヌエル・アデバヨールだ。...
別窓で開く

アデバヨールが自身のスタンスを表明「ドログバやエトーと比較する人がいるけど…」
 パラグアイのオリンピアに所属する元トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールが、寄付について語った、スペイン紙『アス』が伝えている。 アデバヨールはモナコやアーセナル、マンチェスター・C、レアル・マドリードなどでプレーし、トルコのクラブを経てオリンピアに加入していた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>