本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サハリン1はなぜ日本に不可欠なのか
 ロシアのプーチン大統領は10月7日、極東の資源開発プロジェクト「サハリン1」について、新たに設立する会社に事業をすべて移管する旨の大統領令に署名した。 サハリン1事業には、米エクソンモービルが30%、日本のサハリン石油ガス開発が30%、ロシア国営石油会社ロスネフチが20%、インドの石油天然ガス公社...
別窓で開く

■日本企業で拡大する政治と経済のジレンマゾーン ウクライナ侵攻によって日露関係が悪化する中、ロシア極東の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシア政府は8月31日、三井物産と三菱商事が新たに設立したロシア企業に出資することを承認した。 プーチン大統領は6月末、サハリン2について事業...
別窓で開く

「国益のためにサハリン2を続ける」で、本当にいいんですか?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、エネルギーや経済を非人道的な国家に依存する日本社会について指摘する。* * *極東ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」をめぐり、ロシア政府が新たに設立した運営会社に三井物産、三菱商事が継続...
別窓で開く

「日本のアキレス腱」石油・天然ガス事業「サハリン2」 ロシアより従来通り供給の「朗報」も、拭えぬ不安...急がれる安定調達先確保
「とりあえずは一安心だ」ロシア極東の石油・天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」をめぐり、従来通りの供給というロシア側の方針が伝えられ、国内の電力・ガス業界関係者は、こう胸をなで下ろした。とはいえ、先行きははっきり見通せない点が多く、安心している暇はない。...
別窓で開く

「サハリン2」の日本企業の権益 再契約には厳しい条件を突きつけられる可能性も
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「サハリン2」の権益について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社サハリン2の権益について飯田)日本は「サハリン...
別窓で開く

石油・天然ガス事業「サハリン2」、ロシアが「接収」...強硬策に追い詰められた日本
「複数国による非友好的な行為に対する特別経済措置」2022年6月30日、ロシアのプーチン大統領が署名した一本の大統領令が日本のエネルギー関係者に衝撃を広げている。■サハリン2の代替調達先の確保、難しい実情大統領令はロシア極東サハリンで進む石油・天然ガス事業「サハリン2」について、現在の運営会社が保有...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

習近平による「台湾併合」を中国内部で止められる可能性はあるのか?
ウクライナが大国ロシアへ抵抗していることは、同じく大国である中国が、台湾侵攻への躊躇と逡巡を生み出している可能性があります。なぜなら、今回のプーチン大統領が命令したロシア軍によるウクライナ侵攻で、中国政府高官が一番ショックだったのは、ロシア政府高官にも制裁が発動されたことだからです。...
別窓で開く

大手商社7社決算、すべて過去最高更新...三菱商事2年ぶりトップ奪還 「資源高」追い風で収益拡大
大手商社7社の2022年3月期連結決算は、ロシアによるウクライナ侵攻のプラス・マイナスの影響が交錯したが、恩恵がマイナスを圧倒し、最終(当期)利益は全7社が過去最高を更新した。前年、伊藤忠商事に利益首位を譲った三菱商事が2年ぶりにトップを奪い返した。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後の激変する世界...週刊ダイヤモンド「地政学超入門」! エコノミスト「世界戦時経済」、東洋経済「工場が消える」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。2022年3月22日発売の「週刊ダイヤモンド」(3月26日号)は「地政学超入門」と題して...
別窓で開く


<前へ12次へ>