本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の「原発再稼働」が世界から注目される「これだけの理由」
日本エネルギー経済研究所・首席研究員の小山堅氏が11月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。世界のエネルギー情勢について解説した。※画像はイメージですCOP27、気候変動の被害を支援する新たな基金創設へ国連の気候変動対策会議「COP27」で気候変動による被害を支援するため...
別窓で開く

サハリン1はなぜ日本に不可欠なのか
 ロシアのプーチン大統領は10月7日、極東の資源開発プロジェクト「サハリン1」について、新たに設立する会社に事業をすべて移管する旨の大統領令に署名した。 サハリン1事業には、米エクソンモービルが30%、日本のサハリン石油ガス開発が30%、ロシア国営石油会社ロスネフチが20%、インドの石油天然ガス公社...
別窓で開く

■日本企業で拡大する政治と経済のジレンマゾーン ウクライナ侵攻によって日露関係が悪化する中、ロシア極東の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシア政府は8月31日、三井物産と三菱商事が新たに設立したロシア企業に出資することを承認した。 プーチン大統領は6月末、サハリン2について事業...
別窓で開く

「国益のためにサハリン2を続ける」で、本当にいいんですか?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、エネルギーや経済を非人道的な国家に依存する日本社会について指摘する。* * *極東ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」をめぐり、ロシア政府が新たに設立した運営会社に三井物産、三菱商事が継続...
別窓で開く

「日本のアキレス腱」石油・天然ガス事業「サハリン2」 ロシアより従来通り供給の「朗報」も、拭えぬ不安...急がれる安定調達先確保
「とりあえずは一安心だ」ロシア極東の石油・天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」をめぐり、従来通りの供給というロシア側の方針が伝えられ、国内の電力・ガス業界関係者は、こう胸をなで下ろした。とはいえ、先行きははっきり見通せない点が多く、安心している暇はない。...
別窓で開く

「原発回帰」大転換した岸田首相、主要新聞が賛否両論...「タブー打破」「脱炭素に必要」「福島を忘れたか」「実現に疑問」
「原発の新増設は想定しておりません」これまでこう明言してきた岸田文雄首相が2022年8月24日、原子力政策の大転換を表明した。脱炭素社会への移行を目指す政府の「グリーン・トラストフォーメーション(DX)実行会議」で、原発の新増設を検討するよう指示したのだ。いったい何が岸田首相を「前のめり」にさせたの...
別窓で開く

「サハリン2」の日本企業の権益 再契約には厳しい条件を突きつけられる可能性も
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「サハリン2」の権益について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社サハリン2の権益について飯田)日本は「サハリン...
別窓で開く

6月の企業物価「9.2%上昇」 このままでは「失業率増加」につながる可能性も
数量政策学者の高橋洋一が7月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。日銀が発表した6月の企業物価指数について解説した。【経済】合同会社説明会に臨む学生ら=2022年3月1日午前、東京都江東区の東京ビッグサイト 写真提供:産経新聞社6月の企業物価指数、過去最高に日本銀行が7月1...
別窓で開く

自民党・平将明広報本部副本部長「資源価格の高騰にはそれなりの規模の補正を行う」憲法改正にも言及
サハリン(樺太)南端のプリゴロドノエで稼働した石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の液化天然ガス(LNG)プラント 撮影日:2009年02月20日自民党の平将明広報本部副本部長が7月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。参院選における自民党の公約について語った。...
別窓で開く

石油・天然ガス事業「サハリン2」、ロシアが「接収」...強硬策に追い詰められた日本
「複数国による非友好的な行為に対する特別経済措置」2022年6月30日、ロシアのプーチン大統領が署名した一本の大統領令が日本のエネルギー関係者に衝撃を広げている。■サハリン2の代替調達先の確保、難しい実情大統領令はロシア極東サハリンで進む石油・天然ガス事業「サハリン2」について、現在の運営会社が保有...
別窓で開く


[ サハリン lng ] の関連キーワード

サハリン ロシア 自民党

<前へ123次へ>