本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■日本企業で拡大する政治と経済のジレンマゾーン ウクライナ侵攻によって日露関係が悪化する中、ロシア極東の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシア政府は8月31日、三井物産と三菱商事が新たに設立したロシア企業に出資することを承認した。 プーチン大統領は6月末、サハリン2について事業...
別窓で開く

「国益のためにサハリン2を続ける」で、本当にいいんですか?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、エネルギーや経済を非人道的な国家に依存する日本社会について指摘する。* * *極東ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」をめぐり、ロシア政府が新たに設立した運営会社に三井物産、三菱商事が継続...
別窓で開く

三菱商事と三井物産がサハリン2に継続出資 エネルギー安全保障が脅かされる危機も
米中対立や台湾有事、ロシアによるウクライナ侵攻で世界情勢が不安定化するなか、日本の三菱商事と三井物産は8月までに、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の新たな運営会社に参画する意向をロシア政府へ通知すると発表した。...
別窓で開く

サハリン2の「疑似政府保証」で2商社は安堵…“安倍失政”の尻ぬぐい【政官財スキャニング】
(サハリン2で液化天然ガスを積み込むLNGタンカー(C)AP=共同)【政官財スキャニング】#34政界通(以下=政) 樺太のLNG事業サハリン2の運営がロシアの新会社へ移され、権益を持つ三井物産と三菱商事に暗雲が垂れ込めて意気消沈していると、7月20日付のこの欄で触れたが、明るい雰囲気に戻ったそうだな...
別窓で開く

「日本のアキレス腱」石油・天然ガス事業「サハリン2」 ロシアより従来通り供給の「朗報」も、拭えぬ不安...急がれる安定調達先確保
「とりあえずは一安心だ」ロシア極東の石油・天然ガス(LNG)開発事業「サハリン2」をめぐり、従来通りの供給というロシア側の方針が伝えられ、国内の電力・ガス業界関係者は、こう胸をなで下ろした。とはいえ、先行きははっきり見通せない点が多く、安心している暇はない。...
別窓で開く

■ウクライナ侵攻が変えたエネルギー見通し ロシアのウクライナ侵攻や対ロ制裁で世界のエネルギー事情が大きく変わった。 西側諸国は、ロシアの原油や天然ガスに依存することができなくなり、欧州連合(EU)は天然ガス使用量を15%削減し、ロシア産ガスへの依存を減らす方策について合意した。 日本に対してもプーチ...
別窓で開く

「原発回帰」大転換した岸田首相、主要新聞が賛否両論...「タブー打破」「脱炭素に必要」「福島を忘れたか」「実現に疑問」
「原発の新増設は想定しておりません」これまでこう明言してきた岸田文雄首相が2022年8月24日、原子力政策の大転換を表明した。脱炭素社会への移行を目指す政府の「グリーン・トラストフォーメーション(DX)実行会議」で、原発の新増設を検討するよう指示したのだ。いったい何が岸田首相を「前のめり」にさせたの...
別窓で開く

ロシアの株取引禁止令が日本の神経を逆なで—中国紙
2022年8月9日、中国紙・環球時報は、ロシア政府による西側企業に対する報復制裁措置が日本の神経を逆なでしていると報じた。記事は、ロシアによるウクライナ侵攻後、日本が米国に追従してロシアに制裁を発動してきたことで、ロシアによる報復制裁を呼び起こしたとし、ロシアのプーチン大統領が5日、米国、日本などの...
別窓で開く

「サハリン2」の日本企業の権益 再契約には厳しい条件を突きつけられる可能性も
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「サハリン2」の権益について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社サハリン2の権益について飯田)日本は「サハリン...
別窓で開く

ガス供給で自らの首を絞めたプーチン、ロシア国益を大きく毀損 日本向けサハリン-2 LNG供給契約の行方はいかに
プロローグ世界の耳目を驚かすプーチン大統領 今年2022年6月、ロシアでは世界の耳目を驚かすビジネス関連事件が2件、唐突に続発しました。 ロシア(露)からバルト海経由ドイツ向け天然ガス海底パイプライン(以後、P/L)輸送量が唐突に削減されました。 理由は、露ガスプロムが修理に出した「ノルト・ストリー...
別窓で開く


[ サハリン lng ] の関連キーワード

三井物産 三菱商事 サハリン ロシア lng

<前へ1234次へ>