本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



柔道GSで阿部一二三の“宿命のライバル”丸山城志郎が優勝 だが試合内容について本人は
 3年ぶりの国内開催となった柔道グランドスラムの東京大会は、2日目(12月4日)に男子66キロ級が行われ、丸山城志郎(ミキハウス=28)が優勝した。東京五輪の金メダリストでライバルである阿部一二三(パーク24=25)がスタンドから見守る中での試合であった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】■ライバル阿部に...
別窓で開く

阿部詩 ライバル志々目愛との熱戦を制し優勝 パリ五輪までに怪物になれるか
 30年ほど前に人気を博したテレビアニメ『YAWARA!』(日本テレビ系列)以来、ひさびさの柔道アニメが来年1月から始まる。『もういっぽん!』(テレビ東京ほか)だ。12月3〜4日に東京体育館(渋谷区)で行われた柔道グランドスラム東京2022に詰めかけたファンも、「もう一本」を見たかったはず。...
別窓で開く

高市未来 結婚後初の大会で優勝 メダル無しで「もうやめたい」からパリ五輪へ前進
 女子柔道の強豪、高市(旧姓・田代)未来(28)=コマツ=は、女子63キロ級でリオ五輪(2016年)と東京五輪に出場したが、ともにメダルには届かなかった。東京五輪で日本勢は個人戦で全14階級のうち9つもの金メダルを獲得。とりわけ女子に関して言えば、全7階級のうちメダルが取れなかったのは彼女が代表で出...
別窓で開く

講道館杯に古賀稔彦さんの“3人の娘と息子”が出場 準優勝した次男と長男が奇しくも見せた同じ姿
 10月29日、30日の両日、柔道の講道館杯(講道館杯全日本柔道体重別選手権大会)が千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)で開かれた。プロ野球の日本シリーズと重なったため報道は少なかったが、コロナ禍での中止を経て2年ぶりの開催となった。今大会では「平成の三四郎」こと古賀稔彦さん(1967〜2021)の3...
別窓で開く


<前へ1次へ>