本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保Jの“不動心” イケメンDF谷口彰悟の「原点」を大津高時代の恩師が明かす
(川崎のキャプテンマークも板についてきた谷口彰悟(C)Norio ROKUKAWA/office La Strada)【カタールW杯代表戦士 現在・過去・未来】 平岡和徳(熊本・大津高総監督)「いやぁ、ホッとしましたね。正直、プレッシャーが相当かかっていたので」。7月に行われた東アジアE-1選手権。...
別窓で開く

選手もギャラリーも“新感覚” 3日間で1億円を稼いだ香妻陣一朗が語る「LIVゴルフ」
現地時間29日からの3日間、「LIVゴルフ・インビテーショナル」の今季第3戦が米ニュージャージー州ベドミンスターのパンプキンリッジGCで行われる。サウジアラビアの政府系ファンドがバックアップし、グレッグ・ノーマン(豪州)がCEOを務める「LIVゴルフ」。...
別窓で開く

男子ゴルフ選手会長・谷原秀人に批判が噴出 国内ツアーを欠席しサウジの超高額ツアーに参戦
 人気沸騰の女子ゴルフツアーと比べ、男子ツアーの低迷は目をおおうばかり。ところが、再興の音頭をとるべき男子プロの選手会長自らが職責を放棄し、国内に見切りをつけて海外の高額ツアーに参戦。関係者から批判が噴出している。 *** 谷原秀人(43)といえば、過去に日本で通算16勝を挙げている実力者。...
別窓で開く

ハッシーの地方競馬セレクション(7/13)「第24回ジャパンダートダービー(JpnI)」(大井)
58kgもなんのその!先週川崎競馬場でおこなわれた「第26回スパーキングレディーカップ(JpnII)」。本命に推したショウナンナデシコは、まずまずのスタートを切ると馬なりのままスッと2番手の位置を取る。道中はサルサディオーネを見ながらの競馬で、勝負どころでは懸命に手が動くサルサディオーネに対し、ほぼ...
別窓で開く

【E-1で見たいU-21戦士】A代表入りに並々ならぬ意欲を燃やす藤田譲瑠チマや鈴木唯人。クラブで好調の小田裕太郎も面白い
 E-1選手権が7月19日に幕を明ける。今回は2大会ぶりの自国開催となっており、日本代表は19日に香港代表、24日に中国代表、27日に韓国代表と対戦する。ただし、インターナショナルマッチデーの期間外に行なわれるため、海外組の招集は難しく、国内組のみで戦うことに。...
別窓で開く

中国リーグも“ブラックリスト”に…国際プロサッカー選手協会が「移籍を勧めない7か国のリーグ」を発表。各国メディアは反論、嘆き——
国際プロサッカー選手協会(FIFPro)は、「組織的かつ広範囲な契約違反」があるため、移籍しないことが最善である国(リーグ)のリストを公開。そこでは、ルーマニア、トルコ、ギリシャの欧州各国の他、アルジェリア、リビア、サウジアラビアのアラブ圏、そしてアジアでは中国の名前が挙げられている。...
別窓で開く

優勝賞金5億円超のゴルフ新ツアーが始動 日本人選手はいくら獲得した?
 6月23日から26日にかけて栃木県の西那須野CCで行われた男子ゴルフツアー「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップbyサトウ食品」は、稲森佑貴(27)が優勝賞金1千万円を手にした。7月には国内ツアーがなく、多くの選手が夏休みになるが、稲森は27日、アメリカへと飛び立った。話題のLIVゴルフ第2戦に...
別窓で開く

伊東純也のプレーを風間八宏が分析。スピードは「無敵」。精度が上がったクロスは「敵がいない場所に供給できている」
風間八宏のサッカー深堀りSTYLE第5回:伊東純也(ゲンク/日本)独自の技術論で、サッカー界に大きな影響を与えている風間八宏氏が、国内外のトップクラスの選手のテクニック、戦術を深く解説。第5回は、カタールW杯のアジア最終予選で大活躍だった伊東純也のプレーをチェック。得意のスピードドリブルとクロスにつ...
別窓で開く

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。早くも今週は上半期の総決算、グランプリ・宝塚記念(2022年6月26日、阪神競馬場、芝2200メートル)だじぇい。今年の平地GIは1番人気が勝てないレースばかりきゃすう。最後の宝塚記念も荒れるかもしれないじぇい。そこで聞きたいのが、2点あるきゃすう。...
別窓で開く

パリ五輪に向けて着実に前進した大岩ジャパン。3位フィニッシュのU-23アジア杯で手にした3つの収穫【U-21代表】
 2年後のパリ五輪に向け、実り多き活動となった。 U-23アジアカップに挑んだU-21日本代表は、3位決定戦でU-23オーストラリア代表に3−0で勝利し、3位で大会を終えた。大岩剛監督が大会前から口にしていた「優勝」は果たせなかったが、2年後に行なわれる同大会(パリ五輪の最終予選を兼ねる...
別窓で開く


[ サウジ ジャパン ジャパン ] の関連キーワード

jpni ジャパン liv アジア