本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【注目馬動向】ネオムターフC参戦デアリングタクト、レーン騎手と新コンビ ドバイ・シーマクラシックも視野
 サウジCデーのネオムターフC(2月25日、キングアブドゥルアジーズ競馬場)の招待を受諾した2020年の3冠牝馬デアリングタクト(牝6歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)の鞍上が、新コンビとなるダミアン・レーン騎手に決まった。馬主のノルマンディーオーナーズクラブが、28日までに発表した。...
別窓で開く

【注目馬動向】サウジ遠征のデアリングタクト 1月25日に栗東トレセンへ帰厩
 昨年のジャパンC4着以降は滋賀県大津市のチャンピオンヒルズで放牧休養していたデアリングタクト(牝6歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)が1月25日、滋賀県・栗東トレセンに帰厩し、翌26日からさっそく坂路へ入り、キャンターで流した。同馬はサウジアラビアのネオムターフC・G3(2月25日、キング...
別窓で開く

大谷翔平の“価値”は「スポーツ界で見たこともないものに」。英紙がC・ロナウドも凌駕する大型契約を予測「12年618億円は最低基準」
メジャーリーグ屈指の偉才が持つ“価値”が話題となっている。ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平のそれだ。 異能ぶりは多士済々の米球界にあっても稀有なものがある。メジャー5年目の迎えた昨季には、投手として自己最多の15勝をあげながら、防御率2.33、奪三振率11.87(...
別窓で開く

二度のJ1タイトル、代表デビュー。偉大な指導者や強烈な仲間と共に駆け抜けた日々【田中隼磨の生き様|前編】
 2022年11月20日のJ3最終節・SC相模原戦。87分に登場し、約1年9か月ぶりにピッチに立った松本山雅FCの背番号3・田中隼磨は、短時間のプレーながら鋭い左足クロスを前線へ供給。中山陸の決勝弾を見事にお膳立てした。 これで松本は1−0で勝利。2014年から9シーズンにわたって「山雅の流儀」を示...
別窓で開く

「プロ意識に欠ける。傲慢だ」リュディガーの“挑発走り”に元ドイツ代表OBが憤怒!「相手を見くびってはならない」/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、カタール・ワールドカップ(W杯)での日本代表の初戦・ドイツ戦を取り上げる。日本にまさかのジャイアントキリングを許した大国ドイツ。主力DFのあるワンプレーに批判が殺到し、母国OBも怒りの声を挙げた。...
別窓で開く

「異常な形の“離婚”」サウジ電撃挑戦のC・ロナウド、激動の1年を英紙が酷評「衝撃的なインタビューによって破滅した」
2022年も終わりを迎える。今年も各スポーツ界でさまざまな出来事があったが、“最後の最後”まで話題性に事欠かなかったのは、ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドだ。【動画】試合が終わる前にひとりでフィールドを去るC・ロナウド 現地時間12月31日には、サウジアラビア1...
別窓で開く

森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

日本の躊躇ゼロのプレスに歯車が崩れたドイツ。“史上初の屈辱”からの再建に求められる確かな将来性【現地発】
「代表監督として初めてのワールドカップだ。誰がチームを助けることができるのか、誰がひょっとしたら我々にとってのマッチウィナーになれる選手なのか。試合における様々な状況を想定し、自分達の戦略を照らし合わせてみた」 ドイツ代表監督のハンジ・フリックが、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた26人のメン...
別窓で開く

“現役最強”を証明したイクイノックス。古馬勢一蹴の完勝劇は父の種牡馬の価値をも高める結果に【有馬記念】
中央競馬の1年を締め括る大一番、有馬記念(GⅠ、中山・芝2500m)が25日に行なわれ、単勝1番人気に推されたイクイノックス(牡3歳/美浦・木村哲也厩舎)が圧勝。天皇賞・秋(GⅠ、東京・芝2000m)に続いてビッグタイトルを制覇した。...
別窓で開く

鎌田大地、IFFHSの「最優秀プレーメーカー」にアジア人で唯一選出! 移籍市場では“有力候補”ドルトムント移籍が白紙に!?
昨季、フランクフルトにとって42年ぶりの欧州タイトルとなるヨーロッパリーグ制覇に大貢献した鎌田大地は、今季はボランチとして新境地を切り拓くとともに、持ち前の得点力に磨きがかかり、15節終了時点でチーム最多の7得点(ブンデスリーガ得点ランキング7位タイ)をマーク。チームの躍進(現在4位)の原動力となっ...
別窓で開く


[ サウジ ジャパン サウジ ジャパン ] の関連キーワード

ドルトムント ネオムターフ iffhs ロナウド トレセン
ドバイ レーン アジア ドイツ サウジ