本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の躊躇ゼロのプレスに歯車が崩れたドイツ。“史上初の屈辱”からの再建に求められる確かな将来性【現地発】
「代表監督として初めてのワールドカップだ。誰がチームを助けることができるのか、誰がひょっとしたら我々にとってのマッチウィナーになれる選手なのか。試合における様々な状況を想定し、自分達の戦略を照らし合わせてみた」 ドイツ代表監督のハンジ・フリックが、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた26人のメン...
別窓で開く

GⅠ載冠馬ドルチェモアはマイル路線向きか!? 才能の片鱗見せたレイベリングを来春クラシック候補に推したい理由【朝日杯FS】
12月18日に来春のクラシック、またはマイル路線の行方を占う一戦の朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ、阪神・芝1600m)が行なわれ、単勝1番人気に推されたドルチェモア(牡2歳/栗東・須貝尚介厩舎)が先団から抜け出して優勝。デビューから3連勝でGⅠタイトルを奪取した。...
別窓で開く

来年のクラシック戦線を占う2歳馬の最重要レース! 追い込みを武器とするダノンタッチダウンに有利な展開か?【朝日杯FS】
翌年のクラシック戦線の行方を占ううえで重要な位置を占めてきた朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ、阪神・芝1600m)。2017年、前身のラジオNIKKEI賞2歳ステークスを発展させるかたちで、2歳戦で初めてとなる中距離GⅠのホープフルステークス(中山・芝2000m)が創設されてからも、その価値は...
別窓で開く

【チャンピオンズカップ】2連覇を狙うテーオーケインズが妥当。相手は百戦錬磨の手綱さばき“くせ者”騎乗の3歳馬が浮上する!?
12月4日(日)、秋のJRAダート王決定戦であるチャンピオンズカップ(GⅠ、中京・ダート1800m)が中京競馬場で行なわれる。史上2頭目の本レース2連覇を懸けて出走するテーオーケインズ(牡5歳/栗東・高柳大輔厩舎)の”一本被り”が予想される今年だが、その評価は妥当なのか?本馬...
別窓で開く

チャンピオンズCは不動の本命馬がいても馬券的な妙味は十分。穴党記者推奨のヒモ穴2頭で好配当を狙え
 ダートの頂上決戦となるGIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)が12月4日に行なわれる。 ジャパンCダートから名称が変更され、舞台が中京競馬場へと移って今年で9回目。過去8回のうち、1番人気は2勝、2着3回と、可もなく不可もなくといったところだが、伏兵の台頭も頻繁に見られ、3連単では好配当が...
別窓で開く

日本代表 26の肖像/守田英正|欧州移籍で逞しく変貌。ドイツ戦は負傷明けも「ぶつけるだけ」と臨戦態勢【W杯】
 ついに幕を開けたカタール・ワールドカップ。森保一監督が率いる日本代表は、いかなる戦いを見せるか。11月23日、初戦の相手はドイツ。ベスト8以上を目ざすサムライブルー、26の肖像。今回はMF守田英正(スポルティング)だ。——◆——◆——「自分はエリートではない」と日本代表の主力ボランチ、守田英正は語...
別窓で開く

【日本代表 26の肖像|酒井宏樹】高い経験値に頼らず「フレッシュな気持ち」を強調。大迫ら盟友たちに勝利を届けたい
 いよいよ開幕を迎えるカタール・ワールドカップ。森保一監督が率いる日本代表は、いかなる戦いを見せるか。ベスト8以上を目ざすサムライブルー、26の肖像。今回はDF酒井宏樹(浦和)だ。——◆——◆——「僕は(2014年ブラジル大会、18年ロシア大会に続く)三度目のワールドカップ(W杯)になりますけど、初...
別窓で開く

【日本代表 26の肖像|鎌田大地】2019年に初招集、紆余曲折を経て真のエースに。ドイツ戦は「僕たちも勝てる可能性はある」
 いよいよ開幕が迫るカタール・ワールドカップ。森保一監督が率いる日本代表は、いかなる戦いを見せるか。ベスト8以上を目ざすサムライブルー、26の肖像。今回はMF鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)だ。——◆——◆——「ドイツはメンバー的には豪華だと思います。だけど、バイエルンも今までみたいに上手...
別窓で開く

冨樫ジャパンがアジアの4連戦で得た“気づき”とは? 過酷な環境&中東勢との対戦、新たな経験を糧に本大会へ【U-19代表】
 予選4連勝、22得点・0失点と堂々たる成績で1位抜け——。 結果だけを見れば、取りこぼさずに来年3月の本大会に進んだのは確かだろう。勝って当たり前の戦いにおいて、周りからすれば、格下の相手に勝って何を得られるのかと思うかもしれない。だが、アジアならではの厳しい環境や未知の中東勢と対戦できた経験値は...
別窓で開く

権田修一(サッカー日本代表GK/清水エスパルス)×中川絵美里「代表正ゴールキーパー、森保ジャパンへの提言」
練習から一切妥協せず、常に100パーセントで。2014年W杯ブラジル大会で果たせなかった夢を8年ぶりで果たそうとする日本の守護神・権田修一(サッカー日本代表GK/清水エスパルス)選手がサッカー王国・清水に、そして森保ジャパンに望むこととは——? スポーツキャスター・中川絵美里が聞いた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>