本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



参議院選挙が6月22日に告示され、今週末7月10日には投開票が行われる。ジャーナリストの大門小百合さんは、「若い女性たちは、選挙が年配の男性たちだけで行われていることに違和感を持っている。そうした大学生たちがこの選挙で、男性が圧倒的多数を占める日本の国会に女性議員を増やそうという『女性に投票チャレン...
別窓で開く

伊東純也のプレーを風間八宏が分析。スピードは「無敵」。精度が上がったクロスは「敵がいない場所に供給できている」
風間八宏のサッカー深堀りSTYLE第5回:伊東純也(ゲンク/日本)独自の技術論で、サッカー界に大きな影響を与えている風間八宏氏が、国内外のトップクラスの選手のテクニック、戦術を深く解説。第5回は、カタールW杯のアジア最終予選で大活躍だった伊東純也のプレーをチェック。得意のスピードドリブルとクロスにつ...
別窓で開く

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。早くも今週は上半期の総決算、グランプリ・宝塚記念(2022年6月26日、阪神競馬場、芝2200メートル)だじぇい。今年の平地GIは1番人気が勝てないレースばかりきゃすう。最後の宝塚記念も荒れるかもしれないじぇい。そこで聞きたいのが、2点あるきゃすう。...
別窓で開く

パリ五輪に向けて着実に前進した大岩ジャパン。3位フィニッシュのU-23アジア杯で手にした3つの収穫【U-21代表】
 2年後のパリ五輪に向け、実り多き活動となった。 U-23アジアカップに挑んだU-21日本代表は、3位決定戦でU-23オーストラリア代表に3−0で勝利し、3位で大会を終えた。大岩剛監督が大会前から口にしていた「優勝」は果たせなかったが、2年後に行なわれる同大会(パリ五輪の最終予選を兼ねる...
別窓で開く

【U-21日本代表|通信簿】“最もA代表に近い男”は鈴木唯人!藤田はリーダーとして存在感、アンリは大会を通じて急成長
 ウズベキスタンで開催されたU-23アジアカップで、U-21日本代表は3位で大会を終えた。目標に掲げていた優勝は果たせなかったものの、今回の成績で、パリ五輪の最終予選を兼ねる2年後のU-23アジアカップにおいて「ポット1」を確定させたのは大きな価値がある。 大岩剛監督就任後で最も長い活動となった今大...
別窓で開く

勝ち進むたびに逞しさ増す大岩ジャパン。決勝進出を懸け、開催国ウズベク撃破のカギを握るのは?【U-21代表】
 3−0で快勝した韓国との準々決勝から3日。 U-23アジアカップを戦っているU-21日本代表が決勝進出を懸け、現地時間6月15日に開催国のウズベキスタンと対戦する。 今大会のU-21日本はUAE、サウジアラビアといった強豪国が揃うグループを2位で突破。ライバルの韓国も退けるなど、一戦毎に成長を遂げ...
別窓で開く

◆機内食の味は機内食会社で決まる コロナ感染状況も一段落で、そろそろ海外旅行へ行こうと考えている人も多いのではないだろうか。航空機で海外渡航するのに、どのエアラインの機内食が美味しいかと話題になることが多い。 しかし、実際はエアラインが製造している訳ではない。エアラインから受注を受けた機内食会社が製...
別窓で開く

インサイドハーフに新たな選択肢。「柴崎&久保」のコンビは森保ジャパンに何をもたらすか
[キリンカップ]日本 4−1 ガーナ/6月10日/ノエビアスタジアム神戸 久保建英(マジョルカ)と前田大然(セルティック)の代表初ゴールに、吉田麻也(サンプドリア)、遠藤航(シュツットガルト)の両大黒柱抜きの戦い、終盤の3バックと多彩なテストができた6月10日のガーナ戦。...
別窓で開く

「注目度が上がったのは良いこと」激戦必至の“日韓戦”、大岩ジャパンはパリ五輪出場に向け布石を打てるか【U-21代表】
 U-21日本代表にとって、今回の日韓戦はパリ五輪出場に向けて布石となる一戦だ。 ウズベキスタンで開催されているU-23アジアカップでは、グループステージの全日程が終わった。大岩剛監督が率いるU-21日本代表の戦績は、UAEとの初戦で2−1、続くサウジアラビア戦は0−0、最後のタジキスタン戦は3−0...
別窓で開く

完全なる主力は冨安だけ? 最終予選で田中、板倉、中山が台頭も、さらなる底上げが求められる東京五輪世代
 11月のカタール・ワールドカップ(W杯)に向け、重要な強化の場である4連戦の6月シリーズの“前半2戦”が終了。2日のパラグアイ戦は4−1で勝利し、6日のブラジル戦は0−1で敗れた。 今後は、10日にガーナ戦、14日にチリまたチュニジアとの一戦が控える。...
別窓で開く


[ サウジ ジャパン ] の関連キーワード

ウズベク ジャパン アジア