本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



腸内細菌で筋肉減少抑制=冬眠中のジリス—米大学
 北米に生息する「ジュウサンセンジリス」(リス科)は、冬眠中に筋肉のたんぱく質を分解して生じるアンモニアを腸内細菌の働きで再利用し、筋肉の減少量を抑えているとみられることが分かった。米ウィスコンシン大の研究チームが28日付の米科学誌サイエンスに発表した。この仕組みは将来、高齢者の筋肉減少対策に応用で...
別窓で開く

仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイライトを3000字で紹介するサービス「SERENDIP」から、プレジデントオンライン向けの特選記事を紹介しよう。今回取り上げるのは『ヒトはなぜ「がん」になるのか』(河出書房新社)——。■がんは「エラー」が積み重なり、進化したもの長らく「不治の病」として恐...
別窓で開く

韓国疾病管理庁長「ノババックス社ワクチン2月供給、未接種者対象」
来月中にノババックス社の新型コロナウイルスワクチンの韓国国内供給が始まれば、接種を受けていない人を対象にまず接種される予定だ。交差接種についても審議中だ。チョン・ウンギョン疾病管理庁長は27日の定例ブリーフィングで「ノババックス社のワクチンが1月12日に許可を受け、現在SKバイオサイエンス社で生産を...
別窓で開く

衝撃!「桝太一アナ」退職のウラ ZIP!降板が裏目に出たか
 1月23日、日本テレビの桝太一アナウンサー(40)が、3月いっぱいで同社を退社することを、自身が総合司会を務める「真相報道 バンキシャ!」で発表した。今後は大学の研究員に転身するというが、看板アナの退社に日テレ上層部は頭を抱えているという。 *** 退社の発表は、番組冒頭、桝アナから伝えられた。...
別窓で開く

桝太一アナ 新人時代には反発も…改心させた“恩師”藤井貴彦アナの言葉
1月23日に自身キャスターを務める『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)で、日本テレビを3月いっぱいで退職することを発表した桝太一アナ(40)。4月からは“科学を社会へ適切に伝える方法”について研究するため、同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員に転身するという。この発表に、共演者らからは応...
別窓で開く

感染症が地域の血液型を淘汰した? マラリアやコレラが証明【血液型と病気】
【血液型と病気】 血液型の分布が地域によって違うのはなぜか。当時の科学者たちは、さぞかし頭を悩ませたでしょう。そんな中からひとつの仮説が生まれました。「自然淘汰の結果ではないか」という仮説です。 つまり、それぞれの地域の感染症(風土病)に対して、強い血液型と弱い血液型があるのではないか、と考えたので...
別窓で開く

 成体のカエルの後ろ脚を半分切断した後、傷口をゼリー状に混ぜた5種類の物質に24時間浸すと、その後1年半で再生が進んだと、米タフツ大の研究チームが27日発表した。カエルはオタマジャクシの段階では尾などを失っても自然に再生するが、変態して成体に成長すると再生能力がなくなる。傷口を浸した物質には、成長過...
別窓で開く

近年最も注目されている職業の1つ、「データサイエンティスト」。ビッグデータと呼ばれる大量データを活用し、ビジネスを変革したり、社会問題を解決できる人のことです。野村総合研究所 データサイエンスラボの新著『データサイエンティスト入門』では、具体的なデータサイエンティストの働き方や要求される能力などを紹...
別窓で開く

疑惑の「線虫か?ん検査」 “広告塔”の東山紀之と報ステはCMを続けるのか
「尿1滴で、精度86%のがん検査『N-NOSE』、自宅でできます。僕は受けます」と、語り掛ける俳優の東山紀之(55)。だがその肝心の検査は——。◆ ◆ ◆■「がんに対する高い感度86.3%が報告」関係者からは疑問の声 ベンチャー企業のHIROTSUバイオサイエンス(以下、H社)の、線虫でがんのリスク...
別窓で開く

「日本に残された道は地方創生しかない」石破茂が確信する成長戦略とは
■「地方創生を忘れてしまっていませんか」 石破茂の異論正論(19) それぞれの内閣で「目玉政策」は異なる。岸田総理は当初、「令和版所得倍増」を謳っていたし、菅政権では「携帯電話料金の値下げ」「ハンコ廃止」「デジタル化」等々。 第2次安倍政権では、「美しい国」といったスローガンとは別に「デフレ脱却」な...
別窓で開く


[ サイエンス ] の関連キーワード

管理庁 zip