本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「説得力のある防御」ブラジル戦の日本の“守備”を各国メディアは軒並み高評価! W杯対戦国はどう報じたのか?
6月6日、東京・国立競技場で日本代表はブラジル代表と国際親善試合を行ない、0-1で敗れて、通算対戦成績は2分け11敗となった。 雨中の一戦、序盤から守勢に立たされながらも、GK権田修一の好守をはじめ、集中した守備で「セレソン」の得点を許さなかった日本だが、75分、ペナルティエリア内に侵入したリシャル...
別窓で開く

フランクフルト、決戦を前に若手DFトゥータと26年夏まで契約延長
フランクフルトが、ブラジル人DFトゥータとの契約を2026年6月30日まで延長した。17日にクラブ公式サイトで発表している。 現在22歳のトゥータは、2019年1月にサンパウロからフランクフルトに完全移籍。2019−20シーズンはコルトレイク(ベルギー)への期限付き移籍を経験し、昨シーズンから再びフ...
別窓で開く

ヤクルトのエースに憧れ、海を越えたパラグアイの日系二世…独立リーグ・高知が描く“未来図”
 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグプラスが発足したのは2005年。一時は6球団に拡大したこともあったが、高知、香川、徳島、愛媛の4球団は、リーグ発足以来のオリジナルメンバーとして、その歴史を刻み続けている。地方における地域密着のプロスポーツとしての位置づけが半ば定着してきた今、高知は“次なるフ...
別窓で開く

ルフトハンザの「新しいのに古めかしいジャンボ機」が路線に復帰 1年2ヶ月ぶり
羽田にも来る日が来ることを祈りましょう!創立60周年を記念して ルフトハンザ・ドイツ航空の公式Twitterが、日本時間2021年6月4日(金)、「ヤンキ−タンゴ(Yankee-Tango)」の愛称をもつ、同社のボーイング747-8(機番:D-ABYT)が定期便に再び復帰したと投稿しました。...
別窓で開く

ルーカス・ピアソンのレンタル生活に遂に終止符…ブラガが獲得し2025年までの契約締結
 ポルトガル1部ブラガは14日、MFルーカス・ピアソンを獲得したと発表した。なお、契約期間は2025年までとなる。 現在26歳のL・ピアソンは、サンパウロの下部組織からトップチームに昇格。その才を認められ2012年にチェルシーに加入した。しかし厚い層に阻まれ出場機会を得られず、マラガへレンタルで移籍...
別窓で開く


<前へ1次へ>