本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 ロシアのプーチン大統領はウクライナ侵略の長期化に伴い、ロシアの前身、ソ連が第2次世界大戦でナチス・ドイツに勝利した独ソ戦と侵略を重ねる姿勢を強めている。スターリングラード攻防戦終結80年に合わせた2日の演説でも、ロシアが「再び脅威に直面している」と訴え、国民に献身を呼びかけた。 独ソ戦(1941〜...
別窓で開く

独ソ激戦スターリングラード訪問=プーチン氏「戦車の脅威再び」
 ロシアのプーチン大統領は2日、第2次大戦で熾烈(しれつ)を極めた独ソのスターリングラード攻防戦(1942〜43年)の終結80年を迎え、南部の現ボルゴグラードを訪れた。戦勝記念公園「ママエフの丘」で献花した後、演説で「われわれは再びドイツの戦車の脅威に直面している」と述べ、西側諸国によるウクライナへ...
別窓で開く

エルミタージュ美術館にサイバー攻撃=ブチャ事件の情報流れる—ロシア
 ロシア第2の都市サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館が、サイバー攻撃に遭った。ロシアがウクライナ侵攻後に一時占領し、多数の民間人殺害事件が明るみに出た北部キーウ(キエフ)州ブチャの情報が、館内のモニター画面に流れたという。 地元の独立系メディア「フォンタンカ」が31日に伝えた。サンクトペテル...
別窓で開く

パリSGが元バルサのブラジル人アタッカー獲得に迫る。残すはクラブ間合意のみ
 パリ・サンジェルマンが、ブラジル代表アタッカーの獲得に迫っている。 現地時間1月30日、フランス紙『L’EQUIPE』は、パリSGが元バルセロナのマウコムの獲得へ向け、所属先のゼニト・サンクトペテルブルクと水面下で交渉中だと報じた。 ブラジル人アタッカーのマウコムは、今シーズンの公式戦...
別窓で開く

バルト3国の1つ、ラトビアにリガという町がある。この町は、旧ソ連の残影が残る町だ。中央駅の近くに市場が並ぶ、そこではロシア語が飛び交っている。ラトビアにはラトビア語がある。ロシア語は公用語として認められていない。バルト3国の小さな国で、ロシア語を主に話す地域はロシアに接する地域に集中しているのだが、...
別窓で開く

プーチン大統領まさかの追放も…泥沼ウクライナ侵攻で激化するクレムリンの権力闘争
(影響力低下(ロシアのプーチン大統領=右)、民間軍事会社「ワグネル」率いるプリゴジン氏(左)が台頭か?(C)ロイター/Sputnik) ウクライナの要人を乗せた非常事態庁のヘリコプターがキーウ近郊で墜落、モナスティルスキー内相ら16人が死亡するまさかの出来事に衝撃が広がっている。ヘリは前線へ向かう途...
別窓で開く

殺戮王の乱れた下半身…プーチンが子供を生ませた不貞相手は「貧しい掃除婦」だった
 ウクライナ戦争の張本人、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の調査報道が世界各国で進み、「大統領の下半身」も次第に暴露されてきた。 プーチンには離婚したリュドミラ夫人との間に2人の娘がいるが、それ以外に少なくとも4人の婚外子がいるようだ。 その一人が、サンクトペテルブルクで清掃夫だったスベトラーナ...
別窓で開く

ロシア4輪車ブランド「ラーダ」 元日産工場を用いて2023年中に生産再開へ
将来的には「e-ニーヴァ」なんてのも計画しているそう。日系や欧米の自動車メーカーが抜けた穴を埋めるのが目的か ロシアの国営企業ロステックは2023年1月11日(水)、傘下の自動車製造企業アフトワズ(アフトヴァース)がサンクトペテルブルクで「ラーダ」の生産を再開すると発表しました。 ラーダはアフトワズ...
別窓で開く

ウクライナ情勢はさらに泥沼化へ プーチンはさらに窮地に追いやられる
昨年2月24日以降、国際政治は新たなプロローグを迎えることになった。ウクライナ侵攻以降、米国を主導に欧米諸国は一斉にロシアへの制裁措置を発動し、ウクライナへの軍事支援を強化するようになった。■昨年犯したプーチンの大失敗ウラジーミル・プーチン大統領は当初、首都キーウを軍事的に掌握し、ゼレンスキー政権を...
別窓で開く

“江戸時代の思想家”安藤昌益が「日本のマルクス」と呼ばれた理由
 のちに「日本のマルクス」と呼ばれる思想家が江戸時代にいた。 マルクスはドイツの社会主義思想家。彼の思想はマルクス主義と呼ばれ、一九世紀から二〇世紀の社会主義運動の基本理念となった。 彼が生まれたのは一八一八年。「日本のマルクス」はその本家本元より一〇〇年以上早い元禄一六年(1703)に生まれている...
別窓で開く


[ サンクトペテルブルク ] の関連キーワード

クレムリン ウクライナ プーチン マルクス ブラジル
ロシア ラーダ ナチス