本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「最初の3分間で12得点だな」シャックがゴベアへ再び“口撃”。ジャズの守護神は「動けなくしてやる」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのユタ・ジャズは、レギュラーシーズンでウエスタン・カンファレンス5位の49勝33敗(勝率59.8%)を残し、6年連続のプレーオフ進出を飾った。 だがドノバン・ミッチェル、ルディ・ゴベアというオールスター常連組を擁するも、ダラス・マーベリックスの前に2勝4敗で敗れてファーストラウ...
別窓で開く

エンビードがフランス国籍取得へ。東京五輪「銀」のバスケ大国入りで、世界の勢力図を一変させるか<DUNKSHOOT>
NBAの今季のMVP候補であるフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビード。トロント・ラプターズとのプレーオフ1回戦でパスカル・シアカムと接触し右眼窩を骨折、さらに軽度の脳震盪と診断されて現在は無期限離脱中だ。 その彼が現在、世界のバスケットボール界を賑わせている。エンビードが今後、フランス代...
別窓で開く

「この2年間はタフだった」“1回戦の壁”を越えてドンチッチも安堵。マブズがジャズとの激戦を制しウエスト準決勝へ<DUNKSHOOT>
現地時間4月26日に行なわれたダラス・マーベリックスとユタ・ジャズによるプレーオフ1回戦第6戦は、マーベリックスが息詰まる熱戦を制し98−96で勝利。シリーズ成績を4勝2敗とし、ウエスタン・カンファレンス準決勝へと駒を進めた。 試合は第4クォーター残り3分の時点で、94−91とマーベリックスが3点を...
別窓で開く

「未来のガードたちへの道を切り開いた」セルティックスのスマートが初の最優秀守備選手賞を獲得!<DUNKSHOOT>
現地時間4月18日、NBAは2021−22レギュラーシーズンの最優秀守備選手賞(以下DPOY)にボストン・セルティックスのマーカス・スマートが選ばれたことを発表した。 2014年のドラフト1巡目全体6位でセルティックスから指名された190㎝・99㎏のガードは、キャリア8シーズン目の今季71試合に出場...
別窓で開く

「クレイジーだ」サンズの守備の要がアウォードの選定に疑問符「ペリメーターディフェンダーは軽視されている」<DUNKSHOOT>
現地時間4月8日、フェニックス・サンズは111−105でユタ・ジャズに逆転勝ちを収め、今季戦績を64勝17敗(勝率79.0%)とした。 すでにリーグトップの座を確定しているサンズは、デビン・ブッカーがゲームハイの33得点、ディアンドレ・エイトンが19得点、10リバウンド、2ブロック、クリス・ポールが...
別窓で開く

「条件を満たしているのはデビン・ブッカー」グリーンが今季の“個人的MVP”を選定!最優秀守備選手賞もサンズから推挙<DUNKSHOOT>
NBAの個人アウォードは、リーグが定めたスポーツライターや放送関係者の投票によって選出される(昨季は計100名が投票)。 MVPをはじめ新人王や最優秀守備選手賞、最優秀シックスマン賞、MIP(最優秀躍進選手賞)といった主要アウォードは記録として永遠に刻まれるだけに、受賞した選手にとっては大きな名誉と...
別窓で開く

「本命がいるとは思えない」グリーンが最優秀守備選手賞の獲得に自信!「自分こそがふさわしい」<DUNKSHOOT>
現地時間3月14日、ゴールデンステイト・ウォリアーズはホームのチェイス・センターでワシントン・ウィザーズと対戦。この日34歳の誕生日を迎えたステフィン・カリーが47得点をあげたほか、クレイ・トンプソン、ジョーダン・プールがそれぞれ20得点をあげ、ウォリアーズが126−112で勝利を収めた。...
別窓で開く

レブロンも「どんどん成長している」と太鼓判を押すドラ2新人グリーン。飛躍の理由は“フォームの微調整”と“守備を読むプレー”<DUNKSHOOT>
現地時間3月9日(日本時間10日、日付は以下同)のロサンゼルス・レイカーズ戦で、キャリアハイの32得点をマークしたジェイレン・グリーン。昨年のドラフトでヒューストン・ロケッツから2位指名された期待のルーキーは、試合後「今夜はバスケットが大きく見えた」と語った。...
別窓で開く

ノビツキー、ヤニス、ドンチッチ…“歴代ヨーロッパベストメンバー”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
近年は海外出身選手が増え、国際化が進んだNBA。そのなかで、ヨーロッパ出身の歴代ベストメンバー選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの“ベストダンカーチーム”を選んでもらった。...
別窓で開く

ハーデン放出でシモンズらを獲得したネッツ。デュラントは「どんな形でシーズンを終えることになるのか楽しみだ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日、NBAはトレード・デッドラインを迎え、今年も複数のトレードが成立して多くの選手たちがシーズン途中で移籍した。 なかでも最大の衝撃となったのはブルックリン・ネッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる大型トレードだ。...
別窓で開く