本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中井貴一、突然の高倉健からの電話にビビり鳥肌「やっぱりすごい人」
俳優の中井貴一が9日、映画『大河への道』先行プレミア上映イベントに登壇。同作キャストの松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、溝口琢矢、平田満、橋爪功らとともに、撮影時のエピソードを語った。 本作は、落語家の立川志の輔による新作落語『大河への道—伊能忠敬物語—』が原作。...
別窓で開く

未確認生物UMA「モンゴリアンデスワーム」の正体に迫る——口から強力な毒液、尻尾の先から電撃など凶暴すぎる巨大地底生物は存在するのか
 今回紹介する、Sukekiyoさん投稿の『【voiceroid解説】どんと来い、ヲカルト探求倶楽部![#12 最強のミミズ編]』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、モンゴルのゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、モンゴリアンデスワームについて解説を行っていきます。...
別窓で開く

中国ゴビ砂漠の試験場に出現したミサイル標的は「仮想・在日米軍」
「台湾の独立勢力が"一線"を越えるなら、断固たる措置を講じざるをえない」11月16日にオンラインで行なわれた米中首脳会談で、中国・習近平(しゅう・きんぺい)国家主席はバイデン米大統領にこう伝えた。中台統一のためには武力行使も辞さないという立場をあらためて示した形だ。そんな中国が最近、ゴビ砂漠の兵器試...
別窓で開く

「黄砂は我々のせいではない…韓国メディアはなぜ我々を責めるのか」=中国メディア
「韓国メディアはいつも中国をスケープゴート化する」。韓国は16日、黄砂の影響を受けることが予想される中、15日(以下、現地時間)に10年ぶりに最悪の黄砂で黄色い幕に覆われた中国の北京は、1日で快晴の空に戻った。すると、中国メディアは、韓国が「中国発黄砂」と報道することに怒り、中国に責任を押し付けてい...
別窓で開く

全国のほとんどで黄砂が続く…気温差が大きく健康管理に注意=韓国
17日、韓国のほとんどの地域で中国からの黄砂が現れる見通しだ。韓国気象庁は、14日から中国の内モンゴル高原とゴビ砂漠付近で黄砂が発源し、前日も中国北東地域で黄砂が現れ、この黄砂が北風に乗って、この日未明から韓国に入ってきて、北朝鮮と中国東海岸など韓国周辺と全国で黄砂が幅広く観測された。...
別窓で開く

目指せ東京! WW2イタリア「極秘の大陸横断飛行」見事到着も日本は認めず乗員拘束ナゼ?
第2次世界大戦中、日本との連絡を断たれた同盟国のイタリアは、1942(昭和17)年に極東との連絡航空路の開設を計画。長距離飛行が可能なよう、大幅な改造を施した特別機を使って、ローマ〜日本間の飛行に成功しました。作戦名「G要求」日本への極秘飛行計画とは 第2世界次大戦でイタリアとドイツ、日本は同盟関係...
別窓で開く

世界一ミサイルを配備する中国の脅威 日本はどう防ぐ?
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。11月11日(水)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、弁護士ドットコムGMで弁護士の田上嘉一さんがポストINF条約時代の“国際安全保障”について述べました。...
別窓で開く

コロナで鳴りを潜めていた微細粉塵が再び現れる…今年の冬も‘三寒四微’?=韓国
最近、天気が冷え込むにつれ、微細粉塵の濃度が‘悪い’の水準以上を見せる日が増えている。新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく鳴りを潜めていたが、この冬も3日間寒く、4日間微細粉塵に悩まされる‘三寒四微’を避けることはできないという観測が出ている。...
別窓で開く

「ひとりの時間にこそ精神が充電されるので癒やしです」 闇落ちしたマンガ家が「ぼっち旅」に出て自分を取り戻した話が心に沁みる
旅先での景色を描いたボールペン画をSNSなどで発表している鳶田ハジメさん(@kazuholland_dr)が、2020年9月15日に『ぼっち旅 〜人見知りマンガ家のときめき絶景スケッチ〜』をフレックスコミックス(ポラリスCOMICS)から刊行。...
別窓で開く


<前へ1次へ>