本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



最高にかっこいいと思う「遅咲き芸能人」ランキング
芸能界には若い頃から活動しているにもかかわらず、ブレークするまでに長い期間を要した遅咲きの芸能人も少なくありませんよね。そこで今回は、最高にかっこいいと思う遅咲き芸能人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。3位 中村倫也2位 西島秀俊1位 ???⇒全てのランキング結果を見たい...
別窓で開く

中高年からのキャリア形成ではなにを意識すればいいのか。パーソル総合研究所の小林祐児さんは「出世競争から『降りる人』や『限界を感じる人』が多くなるのは、平均で42歳ごろ。それから必要になるのは『変化適応力』となる」という——。※本稿は、小林祐児『早期退職時代のサバイバル術』(幻冬舎)の一部を再編集した...
別窓で開く

長澤まさみ「スカートの奥」が!「シン・ウルトラマン」でまさかの桃色シーンに「絶対見るべき」指摘
 庵野秀明が企画・脚本を務める映画「シン・ウルトラマン」で長澤まさみの生ツバシーンが見られるとは、いったい誰が想像しただろうか。 5月13日に公開されて以降、オタク的な人の間でも「長澤のシーン艶すぎ」と話題になっている。 映画ライターも驚きを隠せない。「『シン・ウルトラマン』は庵野秀明、樋口真嗣のコ...
別窓で開く

『陰陽師』『のぼうの城』『七つの会議』『風立ちぬ』…狂言師・野村萬斎が映画で演じた役に共通する“一つの人物像”とは
 日本の伝統芸能「能楽」とは、能と狂言を合わせて言う言葉である。野村萬斎さんは狂言方の後継ぎとして生まれ育ち、今では映画やテレビでも活躍する人気俳優となった。 ここでは、明治大学大学院講師であり、横浜能楽堂の芸術監督でもある中村雅之さんの著書『 野村萬斎 』(新潮新書)より一部を抜粋。...
別窓で開く

JR新宿駅東口から「新宿アルタ」の脇を通って歌舞伎町方面に向かうと、まず目に飛び込むのが巨大怪獣「ゴジラ」の巨大な頭である。2015年に開業した新宿東宝ビルの上から顔をのぞかせるゴジラは、現在の歌舞伎町のシンボル的存在である。その歌舞伎町に新たなシンボルが生まれようとしている。新宿東宝ビルと「シネシ...
別窓で開く

“ドラクエの世界”を再現したアトラクションを淡路島で体験! はじまりの島オノコガルドを舞台にした冒険に「行ってみたい」の声
 今回紹介したいのは、わっくりさんが投稿した『琴葉姉妹ドラゴンクエストアイランド〜大魔王ゾーマとはじまりの島〜へ行く 』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) 淡路島にあるニジゲンノモリへ行ってきた旅行日記です。 琴葉姉妹ドラゴンクエストアイランド〜大魔王ゾーマとはじまりの島〜へ行く投稿...
別窓で開く

「事故があっても映画は絶対に公開してくれ」中国からの逆輸入俳優・木幡竜が、本当に“失神”したシーンとは?
 単身中国に渡りドニー・イェン、アンソニー・ウォンら一線級のアクションスターと渡り合ってきた“逆輸入俳優”木幡竜。本場で培ったアクションで話題の彼が初主演を務めた映画『生きててよかった』が公開中だ。 闘うべきリングを奪われたボクサーの凄絶な姿を描く本作。...
別窓で開く

『シン・ウルトラマン』を特撮オタクが観た感想 初代ウルトラマンのリブートだった
『シン・ウルトラマン』公式サイトより (C)2022『シン・ウルトラマン』製作委員会 (C)円谷プロ今話題の映画『シン・ウルトラマン』を5月17日にとうとう観ることができた。当初は昨年初夏公開予定だったが、新型コロナウィルス感染症の影響で先延ばしとなっていた本作。筆者など重度の特撮オタクにとってはよ...
別窓で開く

公開3日間は『シン・ゴジラ』を上回るスタート! 映画『シン・ウルトラマン』を観た子供たちの反応は……!?
5月13日に公開となった、樋口真嗣監督の映画『シン・ウルトラマン』。5月16日、公式は“ウルトラ”大ヒット!2022 年実写邦画 No.1!公開から3日間で観客動員数64万人興行収入9.9億円突破! !映画『#シンウルトラマン』たくさんの方にご覧いただきありがとうございます!ぜひ、何度でも劇場でお楽...
別窓で開く

間寛平、NGK33年ぶり座長公演に若手を積極起用 22歳住吉大和「バケモノの集まりでした」
吉本新喜劇のGM(ゼネラルマネージャー)間寛平が18日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で自身33年ぶりとなる座長公演を開催。おなじみのメンバーとともに若手座員も積極的に起用し、さらなる新喜劇の可能性を感じさせた。 寛平は1970年に新喜劇に入団し、74年には24歳の若さで座長に就いたレジェンド。...
別窓で開く


[ ゴジラ ] の関連キーワード

ウルトラマン 歌舞伎町 まさみ 淡路島 タワー