本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ヒトラーと明らかに重なっている」…30年前、田中清玄とハプスブルク家当主が危惧していたプーチンの“帝政ロシアへの強い郷愁”
21世紀の世界を予見した国際的フィクサー、田中清玄。なぜ、彼はソ連崩壊とプーチンの登場を見抜けたのか から続く■ウクライナ外相がたたえたオットー大公の先見性 2022年11月19日、オーストリアの首都ウィーンで、汎ヨーロッパ運動の100周年を記念する式典が開かれた。...
別窓で開く

“アントニオ猪木を撮り続けた男”原悦生「猪木さんの死に実感が湧いてきた」
プロレスファンにはおなじみの写真家・原悦生は、“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”だ。文章の力で猪木を伝えたのが村松友視、言霊の力で猪木を伝えたのが古舘伊知郎だとすると、瞬間瞬間の真実を切り取る写真で猪木を伝え続けたのは原だった。2022年10月、アントニオ猪木が亡くなった。...
別窓で開く

「プーチン政権の断末魔だ」ロシアの予備役招集・出国禁止で辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が9月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン政権が予備役の招集を決めるとともに、予備役男性の出国禁止に乗り出そうとしていることについて、「プーチン政権の断末魔だ」と指摘した。...
別窓で開く

イギリス史上最高齢・最長統治。さようなら、エリザベス女王。
 2022年9月13日に発売された「ニューズウィーク日本版」2022年9月20日号(CCCメディアハウス)は、「エリザベス女王とその時代」と題し、今月8日に96歳で亡くなったエリザベス女王の大特集を組んでいる。 エリザベス女王の在位約70年の軌跡を、元BBC政治担当記者のロビン・オークリーさんが回顧...
別窓で開く

プーチン大統領の排泄物もすべて警護が持ち帰る 日本とロシアの要人警護の「これほどまでの違い」
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新たに就任した露木警察庁長官について解説した。【プーチン大統領来日】ロシアへ帰国するため、羽田空港を出発するプーチン大統領=2016年12月16日 写真提...
別窓で開く

暴走プーチンならやりかねない!「暗殺説」も飛び出した「ゴルバチョフ死去」
 西側諸国との冷戦を終わらせた旧ソ連最後の指導者、ミハイル・ゴルバチョフ元大統領が8月30日、病気のためモスクワで死去した。享年91歳。 ゴルバチョフ氏は1991年4月にソ連の元首として初来日し、当時の海部俊樹首相と「日ソ共同声明」を交わすなど、日ソ関係に貢献。ノーベル平和賞を受賞するなど特に外国で...
別窓で開く

「大好きな政治家だった。でも、ロシア人が大嫌いなのも分かる」辛坊治郎 ゴルバチョフ元大統領を追悼
キャスターの辛坊治郎が9月1日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。30日に死去した旧ソ連の元大統領、ゴルバチョフ氏について「大好きな政治家だった。でも、ロシア人が大嫌いなのも分かる」と語った。...
別窓で開く

ゴルバチョフ元大統領死去 〜「ソ連崩壊」のロシア国民の無念さが「プーチン大統領」を生み「ウクライナ侵攻」につながった
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月30日に亡くなったゴルバチョフ元ソ連大統領について解説した。...
別窓で開く

冷戦終結に尽力したゴルバチョフ氏死去 「プーチン大統領には忸怩たる思いだったのでは」小倉智昭
キャスター・小倉智昭氏が8月31日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。30日に死去した旧ソ連の初代大統領でノーベル平和賞を受賞したミハイル・ゴルバチョフ氏について、「プーチン大統領には忸怩たる思いだったのでは」と語った。ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が学習院大に招かれ、講...
別窓で開く

長期化するウクライナ侵攻でプーチンとの「核」の駆け引きも続く
初めは短期決戦と予測されていた、ロシアによるウクライナ侵攻。しかし侵攻が始まって早4か月、まだまだこの戦いが終わる兆しは見えない。これ以上、苦しむ人々を増やさないためには、誰がどのように行動することが求められているのだろうか? 防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、...
別窓で開く


<前へ12次へ>