本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



受験に役立つ『ニュース時事能力検定』ってなに? ランパンプス小林が受験生になる!?
受験生を“みんな“で応援!『おうえんしナイト』全国の受験生を応援するために、受験や教育と縁が深い、お笑い芸人・ランパンプスと一緒に様々な情報をWebコンテンツとして発信していく企画です。今回は『おうえんしナイト・受験勉強虎の巻』と題しましてランパンプスが受験生として資格試験に挑戦してもらう企画となり...
別窓で開く

≪不動産8億円、金融商品2億円の損失!≫民放全局でレギュラー番組を持ち、フリーアナとして栄華を極めた生島ヒロシ(71)が巨額借金を背負った“年利60%の魔力”
 1990年代初頭、TBSから独立すると次々に番組出演が決まり、国内のみならず海外の著名人とも一緒に仕事をするなど、メディアの最前線で活躍を続けていた。しかし華やかに活躍する舞台裏では、約10億円もの巨額の借金を抱えていた。(全2回のうち1回目/ 続き を読む)◆◆◆■イケイケどんどんで盛り上がって...
別窓で開く

何もかもが見えすぎる社会は人を幸せにしない——與那覇潤(評論家)【佐藤優の頂上対決】
 透明化や可視化が「善」とされるこの社会。コロナ対策ではエビデンスや数値化といった言葉が声高に叫ばれた。しかしながら、それらによって事態は好転したか。むしろ不安だけが増幅されていったのではないか。何もかも過剰なまでに見えるようになった社会の陥穽を徹底検証する。...
別窓で開く

元人気プロレスラーで、政治家として参院議員を計2期務めたアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが1日、亡くなりました。話題の書『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』の著者ムーギー・キム氏は、40年来のプロレスファンであり、2013年には「東洋経済オンライン」でロングインタビューを実施し、そ...
別窓で開く

「プーチン政権の断末魔だ」ロシアの予備役招集・出国禁止で辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が9月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン政権が予備役の招集を決めるとともに、予備役男性の出国禁止に乗り出そうとしていることについて、「プーチン政権の断末魔だ」と指摘した。...
別窓で開く

2022年8月、ソ連共産党ので最後の最高指導者だったミハイル・ゴルバチョフ氏が息を引き取った。ソ連、社会主義陣営の崩壊を招いた反面、冷戦の終結、核軍縮を進め「よりよい社会」をつくろうとした政治指導者だった。朝鮮半島問題専門家として世界的に著名な韓国・国民大学のアンドレイ・ランコフ教授は、ゴルバチョフ...
別窓で開く

ゴルバチョフは田中角栄と似ている!
 旧ソ連のゴルバチョフ元大統領が先ごろ亡くなった。91歳だった。ペレストロイカを断行し、核軍縮、冷戦の終結に力を注いでノーベル平和賞を受賞。現代史に大きな足跡を残した。ざっくばらんな一面もあり、それまでの旧ソ連指導者とはかなり異質の人だった。...
別窓で開く

イギリス史上最高齢・最長統治。さようなら、エリザベス女王。
 2022年9月13日に発売された「ニューズウィーク日本版」2022年9月20日号(CCCメディアハウス)は、「エリザベス女王とその時代」と題し、今月8日に96歳で亡くなったエリザベス女王の大特集を組んでいる。 エリザベス女王の在位約70年の軌跡を、元BBC政治担当記者のロビン・オークリーさんが回顧...
別窓で開く

ゴルバチョフ死去で考える、リーダーシップ理論に見る「あるべき」リーダー 「目標達成機能」の高い剛腕指導者ばかりに期待すると落とし穴にはまる
8月30日、東西冷戦を終結に導いたゴルバチョフ元ソ連大統領が死去した。ソ連崩壊を招いたとしてロシア国内では批判もあるが、歴史に名を残す傑出したリーダーだった。閉塞感に包まれ、未来を見通すのが至難の現代。舵取りが難しいからこそ、リーダーの存在価値は高まる。リーダーに求められる資質とは何か、リーダーのあ...
別窓で開く

村元哉中・鄕橋大輔ペア、進化を見せた「オフシーズン唯一のショー」
 9月12日発売の「AERA(アエラ)2022年9月19日号」(朝日新聞出版)は、アイスダンスで活躍する村元哉中さん・鄕橋大輔さんペアへのインタビューを掲載。鄕橋さんにとって3年ぶりの参加となった「フレンズ・オン・アイス」への思いを語っている。...
別窓で開く


[ ゴルバチョフ ] の関連キーワード

エリザベス イギリス プーチン ロシア ヒロシ

<前へ1234次へ>