本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フィリピンのワクチン接種会場で上映された映画がこちらです 「明日は『コンテイジョン』でしょ」「次は『バイオハザード』」
フィリピンのワクチン接種会場で上映された映画がちょっとした話題となっています。https://twitter.com/hotgirlzizek/status/1431572819599577088フィリピンのワクチン接種会場で上映されていた映画は、爆発的な感染力を持つゾンビウイルスが人類に襲い掛かる...
別窓で開く

国民の党代表「コロナワクチンの需給は不安定」…ワクチン量ははるかに足りない=韓国
アン・チョルス(安哲秀)国民の党代表は16日、政府がコロナワクチンを確保した実際の個数は不足している点を指摘し、大混乱が生じかねないと警告した。安代表は前日、チョン・ビョンユル(全柄律)元疾病管理本部長とコリョ(高麗)大学予防医学科のチェ・ジェウク教授、チェ・ヨンスク(崔姸淑)議員と‘...
別窓で開く

ウイルス兵器と人類の壮絶な戦いを描いた映画『復活の日』がGYAO!で無料配信中 4月20日本日まで
小松左京の同名小説を鬼才・深作欣二監督が壮大なスケールで映画化した『復活の日』が、無料動画のGYAO!で無料配信中です。期限は4月20日(月)23:59まで。新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるう今、洋画の『コンテイジョン』(11)とともに注目を集めています。...
別窓で開く

緊急事態宣言も予言?注目度急上昇の“感染”題材の小説&映画が鳥肌モノ!
 新型コロナウイルスの蔓延により緊急事態宣言が発令された4月7日。「事実は小説よりも奇なり」と口にする人も増えているが、その一方で伝染病の蔓延をテーマにした小説もまた人々の注目を集めているようだ。 Amazonのランキングではカミュが1947年に著した「ペスト」が2位に、1964年に小松左京が発表し...
別窓で開く


<前へ1次へ>