本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エリザベス女王のコーギーを引き取ったサラ・ファーガソン、愛犬たちとの写真公開
元夫のアンドルー王子とともに、エリザべス女王が最期を一緒に過ごしたコーギー2匹を引き取ったサラ・ファーガソンが、インスタグラムにコーギーたちと戯れる写真を公開した。 9月に亡くなったエリザベス女王の2匹の愛犬、コーギーのミュイックとサンディを、元夫のアンドルー王子とともに引き取ったサラ・ファーガソン...
別窓で開く

故エリザベス女王、最後の旅立ちは2匹の愛犬にも見守られていた
故エリザベス女王がバルモラル城で息を引き取った時、病床には愛犬が付き添っていたという。2匹のコーギー犬は女王の息子アンドルー王子からのプレゼントだったが、女王の死後には、王子と元妻セーラ・ファーガソンさんが引き取った。エリザベス女王がスコットランドのバルモラル城で崩御した現地時間8日、スコットランド...
別窓で開く

英エリザベス女王の国葬が執り行われる フィリップ殿下との愛情しのばせる一面も
現地時間の9月19日、英ロンドンのウェストミンスター寺院にて、エリザベス女王の国葬が執り行われた。 9月8日(現地時間)に崩御した英エリザベス女王の国葬が執り行われた。当日は、安置されていたウェストミンスター・ホールから、同寺院に棺が運び込まれ、チャールズ国王やウィリアム皇太子、アン王女ら王室メンバ...
別窓で開く

エリザベス女王の愛したコーギー犬、扱いは王族並み シェフ手作りのロイヤルメニューに舌鼓
現地時間8日、バルモラル城で96歳の生涯を終えた英王室エリザベス女王は、動物好きとしても有名だった。幼少期から大小様々な生き物に深い愛情を注ぎ、女王のそばにはいつもコーギー犬がいた。女王の親友であり家族としてともに人生を歩んだ愛犬の暮らしぶりをたどってみよう。1952年に即位して以来、エリザベス女王...
別窓で開く

故エリザベス女王の愛犬、アンドルー王子と元妻が引き取ることに
故エリザベス女王が飼っていた愛犬を、ヨーク公アンドルー王子が引き取ることになった。王子は自身が女王にプレゼントした2匹を、現在もロイヤル・ロッジで同居する元妻セーラ・ファーガソンさんとともに飼うという。エリザベス女王は18歳の誕生日プレゼントとして迎えたコーギーの“スーザン(Susan)”を飼い始め...
別窓で開く

無類の愛犬家だった、故エリザベス女王 コーギーたちの『新しい家族』に「よかった!」「お幸せに」
2022年9月8日、70年にわたって在位していた、イギリスのエリザベス女王が亡くなりました。96歳という天寿をまっとうし、滞在していたスコットランドのバルモラル城にて旅立ったという、エリザベス女王。イギリスの女王であると同時に、無類の犬好きとしても知られており、中でもコーギーには愛を注いでいました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>