本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エリザベス女王のコーギーを引き取ったサラ・ファーガソン、愛犬たちとの写真公開
元夫のアンドルー王子とともに、エリザべス女王が最期を一緒に過ごしたコーギー2匹を引き取ったサラ・ファーガソンが、インスタグラムにコーギーたちと戯れる写真を公開した。 9月に亡くなったエリザベス女王の2匹の愛犬、コーギーのミュイックとサンディを、元夫のアンドルー王子とともに引き取ったサラ・ファーガソン...
別窓で開く

故エリザベス女王、生前にアンドルー王子を支援する計画を立てていた
生前のエリザベス女王が息子アンドルー王子(62)のため、予期せぬ事態に備えた計画を立てていたという。王子は過去の未成年女性への性的虐待疑惑を受けて公務を完全に退き、軍の名誉職などもすべて返還していた。王室専門家によると、王子は今後もウィンザーで生活し、亡くなった女王の援助を受けていくという。...
別窓で開く

故エリザベス女王、最後の旅立ちは2匹の愛犬にも見守られていた
故エリザベス女王がバルモラル城で息を引き取った時、病床には愛犬が付き添っていたという。2匹のコーギー犬は女王の息子アンドルー王子からのプレゼントだったが、女王の死後には、王子と元妻セーラ・ファーガソンさんが引き取った。エリザベス女王がスコットランドのバルモラル城で崩御した現地時間8日、スコットランド...
別窓で開く

エリザベス女王、数か月前に愛犬に先立たれ「打ちひしがれていた」
今月8日に96歳で亡くなったエリザベス女王は、大の犬好きとして知られ、生涯で30匹以上のコーギー犬を飼っていたといわれている。しかし今年夏には、18年間連れ添った愛犬キャンディを亡くし、「悲しみに打ちひしがれていた」という。女王が最期まで飼っていたコーギー犬2匹は、先日行われた国葬で飼い主の棺を遠く...
別窓で開く

ウィリアム皇太子、国葬後初の公務で悲しみを語る「感情が露わになりそうな瞬間があった」
ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃がウィンザーのギルドホールを訪れ、故エリザベス女王の埋葬礼拝に関わったスタッフとボランティアと対面した。皇太子はスタッフらに感謝を伝えるとともに、祖母の死に直面した時の悲しみを明かした。現地時間22日、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃が故エリザベス女王の国葬後...
別窓で開く

ウィンザー城で女王の最期の帰還を待つコーギーとポニーの姿 国葬での一コマ
現地時間9月19日にエリザベス女王の国葬が行われ、70年にわたって君主を務めた女王を見送るために、各国から2000人の王族や要人らが参列した。そんな中、女王が生前愛した2匹のコーギー犬とポニーも、最期の別れを告げたようだ。 ロンドンのウェストミンスター寺院にて国葬が執り行われた後、郊外のウィンザー城...
別窓で開く

英エリザベス女王の国葬が執り行われる フィリップ殿下との愛情しのばせる一面も
現地時間の9月19日、英ロンドンのウェストミンスター寺院にて、エリザベス女王の国葬が執り行われた。 9月8日(現地時間)に崩御した英エリザベス女王の国葬が執り行われた。当日は、安置されていたウェストミンスター・ホールから、同寺院に棺が運び込まれ、チャールズ国王やウィリアム皇太子、アン王女ら王室メンバ...
別窓で開く

故エリザベス女王の愛犬、アンドルー王子と元妻が引き取ることに
故エリザベス女王が飼っていた愛犬を、ヨーク公アンドルー王子が引き取ることになった。王子は自身が女王にプレゼントした2匹を、現在もロイヤル・ロッジで同居する元妻セーラ・ファーガソンさんとともに飼うという。エリザベス女王は18歳の誕生日プレゼントとして迎えたコーギーの“スーザン(Susan)”を飼い始め...
別窓で開く

生涯30匹以上を飼育 エリザベス女王の愛犬コーギー、引き取り手が明らかに
英エリザベス女王の愛犬として知られる2匹のコーギー犬を、アンドルー王子と元妻のサラ・ファーガソンが引き取ることが分かった。 Peopleによると、遺された女王の愛犬は、2021年にサラが見つけ、アンドルー王子が女王にプレゼントしたものだそう。今回、2人の元に戻されることになった。...
別窓で開く

エリザベス女王、82年前の未公開映像が公開される 椅子ごと倒れる女王を父が支える場面も
エリザベス女王(96)のドキュメンタリーが英BBCで放送されることに先駆け、若い頃の女王を捉えた秘蔵画像が新たに公開された。今回披露されたのは、若き日の女王が椅子ごと倒れたり、妹マーガレット王女とダンスをするなど微笑ましい様子を捉えたものだ。エリザベス女王が今年で即位70周年「プラチナ・ジュビリー」...
別窓で開く


<前へ1次へ>