本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「誤審で一睡もできず」「ネットに“仰木監督を殺した”と書かれ…」 現役プロ野球審判らが語る舞台裏、現役選手で気に入られているのは?
 日々、熱戦が繰り広げられるプロ野球。それを最も近い距離で見ているのが「審判」たちである。判定に命を懸け、時に選手や監督、ファンから猛抗議を受ける。そんな彼らが見た名選手・個性派監督の裏側を、スポーツジャーナリストの吉見健明氏がレポートした。 *** プロ野球シーズンも大詰めの日本シリーズを迎えた。...
別窓で開く

投手力の花巻東、強打の盛岡大付を打倒した先にあったもの——「守備のチーム」だった一関学院の“変貌”<SLUGGER>
“岩手2強”に風穴をあけた実力は本物だった。 12年ぶりに出場した一関学院が、優勝候補の一角に挙げられた京都国際に延長11回サヨナラ勝ち。夏の甲子園では実に20年ぶりとなる勝利を挙げた。 見事なサヨナラ勝ちの中で、何より目立ったのが一関学院打線の力強いスウィングだ。 1点を先...
別窓で開く

高卒新人で「完全試合の立役者」となった松川虎生とは? アマ野球ライターが記録した市和歌山時代を振り返る
日本プロ野球28年ぶりとなる完全試合を達成した佐々木朗希だが、その一方でにわかに注目を集めているのが好リードで快挙をアシストした松川虎生だ。 プロ1年目の今季はキャンプ、オープン戦から高卒ルーキーらしからぬプレーを見せて開幕スタメンを勝ち取ると、ここまでチームの主戦捕手として存在感を示している。...
別窓で開く

【センバツ出場校番付】横綱は大阪桐蔭と広陵で決まり! 大注目・佐々木麟太郎擁する花巻東の立ち位置は?<SLUGGER>
1月28日、春のセンバツ高校野球に出場する32校が発表された。昨年秋の東海大会で準優勝した聖隷クリストファー(静岡)がまさかの落選、昨年のセンバツ覇者・東海大相模(神奈川)もギリギリで出場を逃すなど波乱の選考となったが、昨年の秋季大会と明治神宮大会の戦いぶりから出場校の実力番付を作った(※選手の学年...
別窓で開く

“投げる=酷使”に抱く違和感。駒大の福山優希が、時代遅れと言われても連投する理由「身体を張るという考えではやってない」
“連投”や“投球数”に対して非常にデリケートになってきた最近の野球界で、駒澤大学の福山優希投手(3年)は、異質の存在感を示し始めている。 この春のリーグ戦全12試合に登板し、そのうち11試合で先発。9月に開幕した秋季リーグでも、開幕から5試合連続で先発...
別窓で開く

好きなプロ野球球団ランキング 1位は「読売ジャイアンツ」で20%
総計で見ると、「特に好きな球団はない」の25%を除き、1位は「読売ジャイアンツ」で20%、2位は「阪神タイガース」で13%、3位は同率「北海道日本ハムファイターズ」と「中日ドラゴンズ」で5%、5位も同率で「福岡ソフトバンクホークス」と「広島東洋カープ」で4%でした。...
別窓で開く


<前へ1次へ>