本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

獲得が有力視される新助っ人候補ミエセスは阪神にハマる? 見逃せない圧倒的パワーツールに米国での評価は上々
11月17日、プロ野球ファンひいては“虎党”にとって興味深い一報が、主にSNSを賑わせた。阪神タイガースが新助っ人候補として、ボストン・レッドソックスからフリーエージェント(FA)となったホアン・ミエセスの獲得が有力になったという。...
別窓で開く

「死んでもヤンキースとは契約しない!」ゲレーロJr.が“アンチヤンキース”発言!ブルージェイズとの長期契約を熱望
球界屈指のパワーを誇る逸材ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)の発言が、ニューヨーク・ヤンキースのファンの反感を買っている。 今オフにブルージェイズと長期契約を結ぶという噂が飛び回っている23歳の若きスラッガーは、インフルエンサーであるヴィンセント・カルモナ・アリアス氏が運営す...
別窓で開く

大谷翔平と菊池雄星の“花巻東トレード”を米記者が提唱! 実力派遊撃手も含んだ交渉のメリットは?「最大の問題を満たす」
オフシーズンも偉才の娯楽は全く尽きる気配がない。今季も二刀流でメジャーを席巻した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。 現地時間10月28日からワールドシリーズがスタートするメジャーリーグだが、水面下では各球団がストーブリーグでの補強に向けて準備を進めている。そうしたなかでもエンジェルスの背番号...
別窓で開く

ついに61号だ! ジャッジが敵地での圧巻弾でマリスのア・リーグ年間最多本塁打に到達で米も反響「美しい瞬間」
球史に残る金字塔に、ニューヨーク・ヤンキースの“怪物スラッガー”がついに並んだ。 現地時間9月28日に敵地で行なわれているトロント・ブルージェイズ戦に「1番・センター」で先発したアーロン・ジャッジ(ヤンキース)は、7回表の第4打席に2ランホームランをマーク。これがアメリカン・...
別窓で開く

「ジャッジ9.9、大谷9.0。WARは接近している」記者を悩ますア・リーグMVP争いの基準値「トラウトはWAR10.5を記録したが…」
61号がなかなか出ない——。現地時間9月26日、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは、敵地でのトロント・ブルージェイズ戦に「1番・右翼」でスタメン出場。ヒット1本を放ったものの、期待されていた61号は次回持ち越しとなった。...
別窓で開く

大谷翔平が“シーズン50本塁打の可能性を秘める7名”に選出! MLB公式が主張「打者に専念したらどうなるのか」
ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが“シーズン60本塁打”で注目を集める中、MLB公式サイトは現地時間9月24日、「ジャッジ以外に50本塁打の可能性を秘める7名」との見出しで特集を掲載。メジャー注目の強打者たちをランキング形式でピックアップしており、その中で、ロサン...
別窓で開く

「ドミニカの誇り」プーホルスの“通算700号”の快挙にゲレーロJr.が畏敬の念! 元ヤンキース左腕も祝福「永遠の歴史だ!!」
42歳の大ベテランが金字塔を打ち立てた。 セントルイス・カーディナルスのアルバート・プーホルスは、現地時間9月23日に行なわれたロサンゼルス・ドジャースとの一戦に「2番・DH」で先発出場。そして、3回の第2打席に2ラン、続く4回には3ランを放ち、通算700号を達成した。...
別窓で開く

大谷翔平が“打者専念”すればシーズン60本塁打はありえる!? 米放送局は「すべての材料が揃っている」と分析
現地時間9月20日、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが、メジャー史上6人目となる60本塁打に到達。米球界全体に大きな話題をもたらした。 この圧倒的な活躍を受け、米放送局『CBS Sports』は21日(現地)、「次に60本塁打を放つ可能性のある現役スラッガー15人」と銘打った特集記事を掲...
別窓で開く

ゲレーロJr.のMVP考察に米分析家が意見! “ジャッジの数字が上”発言に反論「オオタニはオールスター級の打者で、サイ・ヤング候補」
いったいどちらがMVPにふさわしいのか——。ア・リーグで最も価値がある男を巡って、連日のようにありとあらゆる意見が飛び交っている。比較対象となっているのはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。 ジャッジがア・リーグの右打者史上最多となる59本塁打を...
別窓で開く