本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ホームランを打たれてもいい」WBC代表に選ばれた“韓国の大谷翔平”が日本の誇る偉才との対戦を熱望「奇跡を見せたい」
来る3月に開催されるワールドベースボールクラシック(WBC)は、ハイレベルな争いが期待されている。それは、アメリカであれば、マイク・トラウトやムーキー・ベッツ、そしてクレイトン・カーショウ。ドミニカ共和国であればカルロス・コレアやブラディミール・ゲレーロJr.、そして日本は大谷翔平、ダルビッシュ有、...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

獲得が有力視される新助っ人候補ミエセスは阪神にハマる? 見逃せない圧倒的パワーツールに米国での評価は上々
11月17日、プロ野球ファンひいては“虎党”にとって興味深い一報が、主にSNSを賑わせた。阪神タイガースが新助っ人候補として、ボストン・レッドソックスからフリーエージェント(FA)となったホアン・ミエセスの獲得が有力になったという。...
別窓で開く

ア・リーグMVP論争が過熱!「MVPはジャッジ」発言に大谷翔平支持派が猛反論!「野球にとっての価値?それはショウヘイなんだ」
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)を巡り、早くもアメリカン・リーグMVPの論争が白熱している。 ここまでMLBを独走する46本塁打と圧倒的な存在感を放つジャッジ。一方、大谷は投手として10勝、防御率2.68、157奪三振をマークしながら、打者として...
別窓で開く

“記念出場”のはずのプーホルスが衝撃の1回戦突破、若い力が激突した決勝戦——球宴ホームラン・ダービーは今年もドラマづくめ!<SLUGGER>
現地7月18日、ドジャー・スタジアムでは球宴ホームラン・ダービーが開催。全8選手が激しくしのぎを削った末にホアン・ソト(ナショナルズ)がフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)を下して初優勝を飾った。今大会で生まれた多くのドラマをまとめてみよう。...
別窓で開く

ヤクルト最強はバレンティンで決まり、阪神はマートンとメッセンジャーのどっち!? 【平成・令和セ・リーグ6球団最強助っ人は誰だ】<SLUGGER>
平成(1989年)以降の各球団の助っ人でナンバーワンは誰なのか? 成績だけでなく、人気や印象度なども踏まえてチョイスしてみた。今回はセ・リーグ編だ。▼ヤクルトウラディミール・バレンティン(2011〜19年在籍/外野手) 1990年代に野村克也監督の下、日本一に3度輝く球団史上初の黄金期を謳歌したヤク...
別窓で開く

数年後は大谷翔平のライバル?“新たな“ゲレーロJr.に現地メディア熱視線「グリフィーみたいだ」
  大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が席巻した今年のメジャーリーグ。しかし大谷以外にも、数多くのスター選手が誕生した。日本でも大きく知名度を上げたのは、“大谷のライバル”としてシーズン序盤から本塁打王争いを演じたブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルー...
別窓で開く

「一番の驚きはオオタニ」MVP有力の“二刀流戦士”がユニフォーム売り上げ9位。3年ぶりトップ10入りも現地記者は不服
メジャーリーグ機構(MLB)は現地10月4日、今季ユニフォームの売り上げトップ20を発表した。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は9位にランクインし、ルーキーイヤーの2018年以来3年ぶりにトップ10に返り咲いた。【動画】大谷翔平、最終戦で46号!圧巻の先頭打者弾で有終の美 同ランキング1位は、ム...
別窓で開く

「こんなランキング見たことない!」大谷翔平を含む本塁打王争いをMLB公式が絶賛!「すでに歴史を作っている」
各チーム残り数試合となったメジャーリーグの2021年シーズン。その本塁打王争いは、熾烈かつ前代未聞のものになっている。【動画】「また打った!」大谷翔平が放った痛烈なタイムリー三塁打をチェック  MLB公式サイトは40本塁打以上放っているスラッガーたちを取り上げ、「こんなランキング、見たことない」と、...
別窓で開く

大谷翔平の「四球攻め」は“差別”ではなく“必然”の選択。偉大すぎるゆえの苦しみ
「アジア人にホームラン王を獲らせたくないんだ」「差別だ!」——3日連続で“四球攻め”にあっている大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。あまりの勝負の避けられすぎに、一部ファンからはこんな声も出ている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>