本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本は恵まれた」元プレミアの名物審判が世界を騒然とさせた“三笘の1ミリ”に持論!「ドイツの不満は理解できる」【W杯】
文字通り瀬戸際のプレーだった。それだけに議論はいまだ続いている。現地時間12月1日のカタール・ワールドカップグループE最終戦となったスペイン代表戦で、日本代表MFの三笘薫が決勝点をアシストシーンだ。【動画】ギリギリ入ってる!FIFAが公開したライン際の検証動画をチェック 森保ジャパンが初戦のドイツ代...
別窓で開く

メジャー主要球団の育成力を採点する エンゼルスは最低評価、アストロズとマリナーズ「A」(友成那智)
(アストロズは本年度2022年ワールドシリーズで優勝、第4戦では継投ノーノーも達成(左からモンテロ、アブレイユ、ハビエル、捕手バスケス、プレスリー)/(C)共同通信社)【メジャーリーグ通信】 メジャーリーグには育成力の高いチームと低いチームがある。主要球団の育成力をA〜Eで評価すると以下のようになる...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

日本代表、ワールドカップ初戦の審判団が決定…主審は東京五輪の日本vsフランス戦を裁いたバートン氏
国際サッカー連盟(FIFA)は21日、現地時間23日に行われるFIFAワールドカップカタール・グループE第1節・ドイツ代表vs日本代表の一戦の審判団を発表した。 主審を務めるのはエルサルバドル出身のイバン・バートン審判員。...
別窓で開く

「LAの連中は恥を知れ!」米記者が大谷翔平へのMVP票に憤怒! 地元記者の投票に「恥ずかしい」と糾弾
長く注目を集めた賞レースに終止符が打たれた。現地時間11月17日に全米野球記者協会(BBWAA)が選出するメジャーリーグの年間MVPが発表され、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が最終候補者にノミネートされたア・リーグでは、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)が初受賞を果たした。 納得...
別窓で開く

獲得が有力視される新助っ人候補ミエセスは阪神にハマる? 見逃せない圧倒的パワーツールに米国での評価は上々
11月17日、プロ野球ファンひいては“虎党”にとって興味深い一報が、主にSNSを賑わせた。阪神タイガースが新助っ人候補として、ボストン・レッドソックスからフリーエージェント(FA)となったホアン・ミエセスの獲得が有力になったという。...
別窓で開く

「死んでもヤンキースとは契約しない!」ゲレーロJr.が“アンチヤンキース”発言!ブルージェイズとの長期契約を熱望
球界屈指のパワーを誇る逸材ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)の発言が、ニューヨーク・ヤンキースのファンの反感を買っている。 今オフにブルージェイズと長期契約を結ぶという噂が飛び回っている23歳の若きスラッガーは、インフルエンサーであるヴィンセント・カルモナ・アリアス氏が運営す...
別窓で開く

PSで打率1割と苦しんだジャッジへのブーイング。ファンの“心無い声”に元サイ・ヤング賞投手は嘆き「全員クソッタレだ」
去る10月23日(現地時間)に行なわれたアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第4戦で、ニューヨーク・ヤンキースはヒューストン・アストロズに5対6で敗戦。まさかの同シリーズ4連敗でポストシーズンから姿を消した。 試合後、本拠地ヤンキー・スタジアムに暗雲が立ち込めるなか、ファンに苛立ちの矛先を向けられたの...
別窓で開く

大谷翔平の凄みをエ軍名物OBが指摘!5戦3勝+2HRの“アストロズキラー”ぶりに「ヤンキースだったらMVP」の声
現地時間10月28日、ヒューストン・アストロズ、フィラデルフィア・フィリーズによる世界一をかけたワールドシリーズ(WS)が開幕。2022年シーズンの終わりが見えてきた一方、SNS上の一部では、今季二刀流で躍動した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)にも再び注目が集まっている。 メジャー5年目の大谷...
別窓で開く

ヤンキースの大谷翔平獲りを米敏腕記者が提唱! ジャッジのFA流出を見据えた「3歩先を考えた」仰天シナリオを語る
世界一奪取に向けてニューヨーク・ヤンキースにとって、今オフのカギとなるのが主砲アーロン・ジャッジとの契約延長だ。 30歳を迎えたスラッガーがもたらす貢献は計り知れないものがある。今季のレギュラーシーズンではアメリカン・リーグ新記録となる62本塁打をマーク。...
別窓で開く