本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



たかが14位、されど14位——調子が悪い中でも松山英樹が見せたディフェンディングチャンピオンとしての“意地”
史上4人目の大会連覇を狙い、今年の『マスターズ』に挑んだ松山英樹(LEXUS)。結果からいえば、優勝したスコッティ・シェフラー(アメリカ)から12打離れた通算2オーバー・14位タイに終わり、偉業達成はならなかった。...
別窓で開く

気まぐれなオーガスタの女神に翻弄され、アマ6人全員が予選落ち 2年連続ローアマ該当者なし
<マスターズ 2日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7510ヤード・パー72>出場したアマチュア選手で、もっとも成績が上位だった選手に与えられるローアマチュアのタイトル。1995年の「マスターズ」ではタイガー・ウッズ(米国)が、99年大会ではセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、2...
別窓で開く

連覇目指す松山英樹は優勝予想ランクインならず ケプカが最有力、JTが2番手
<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>今季の海外メジャー初戦となる「マスターズ」が現地時間7日(木)から開催される。開幕に先立ち、PGAツアー公式サイトで優勝予想(パワーランキング)が発表された。1番手に推されたのはブルックス・ケプカ(...
別窓で開く


<前へ1次へ>