本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



たかが14位、されど14位——調子が悪い中でも松山英樹が見せたディフェンディングチャンピオンとしての“意地”
史上4人目の大会連覇を狙い、今年の『マスターズ』に挑んだ松山英樹(LEXUS)。結果からいえば、優勝したスコッティ・シェフラー(アメリカ)から12打離れた通算2オーバー・14位タイに終わり、偉業達成はならなかった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>