本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



詐欺常習女と「米倉涼子」元不倫相手がタンザニアで実践した「金塊取引」 被害者が手口を告発
■取引の立会人 在ケニア日本大使館のHPには、〈金取引詐欺の悪質・巧妙化傾向に対する注意喚起〉が掲載されている。政府関係者や弁護士などを名乗り、買い手側の信頼を得たうえで、手数料や税金といった名目で現金を詐取するのだとか。それと瓜二つの金取引詐欺をケニアの隣国、タンザニアで実践したのが自民党の山崎拓...
別窓で開く

柴咲コウ、ケニアの子どもへのコメント「耳を疑った」「失礼」と物議 危険な通学風景に「うらやましい」
11月28日に放送された、日本テレビ系のバラエティ番組『世界まる見え!テレビ特捜部』にゲスト出演した女優・柴咲コウの発言が物議を醸している。 この日の『世界まる見え』は前半に「世界中の危険な通学路」というテーマで、過酷な通学路を毎日のように歩き学校へと登校する子どもたちのVTRが紹介された。...
別窓で開く

■「最も高額なW杯」から「最も死を招いたW杯」になったFIFAワールドカップ(W杯)・カタール大会が現地時間11月20日、熱狂的な声援を受けながら開幕した。12月18日の決勝まで、全32チームが全64試合の熱き戦いを繰り広げる。一方で、中東初のホスト国という特性上、気候や文化の差異に起因する懸念の声...
別窓で開く

大泉洋、学生時代に恐怖体験? 通学途中で殺人事件現場に遭遇するも…
28日放送『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)に人気俳優・大泉洋が登場。学生時代に「殺人事件の現場に遭遇した」と明かし、視聴者を驚かせている。■通学路の思い出ケニアに「ゾウが出る通学路」があるとの話題から、大泉は自身の学生時代の通学中のエピソードを語りだす。...
別窓で開く

世界は「決済」でまわっている!...その歴史と仕組み、よくわかる入門書
私たちは1日に何回も決済をしている。現金やカード、スマートフォンを使って支払い、オンラインの決済もある。公共料金は、自動振替や講座引き落としで支払っている。本書「教養としての決済」(東洋経済新報社)は、決済の歴史と仕組みをわかりやすく解説した本だ。「世界の決済コストはロシアのGDPに匹敵する」など、...
別窓で開く

取材10回目の超ベテラン記者がカタールW杯をバッサリ!「これほど不親切な大会は初めて」
(開幕戦が行われたアルベイト競技場(本人提供))【W杯現地発 カタールは今日もクレージー】大会編① ボンジーア!(こんにちは!)  いかにもお金がかかっていそうな開会式は見たかな? でもあの豪華さは、いわば「張りぼて」。その陰にはいろいろな問題が隠れているんだ。 W杯は10回目の取材になるけど、これ...
別窓で開く

歌う道先案内人? カタールのW杯で意外な職種がトレンドに!
 カタールで開催中のサッカーW杯では外国人労働者への人権と待遇が問題になったが、その一方で一見すると単純作業と思える職種の労働者が注目を集めている。 AP通信が報じ、SNSなどにもその動画が投稿されているもので、スポットライトが当てられたのはスタジアムを出て帰途につくファンに地下鉄への道順を教えてい...
別窓で開く

オーストラリアの“ジャイキリ”の夢は散る 前回王者フランスに1—4の力負け
 ◇W杯1次リーグD組 オーストラリア1—4フランス(2022年11月22日) アジア勢の“ジャイアントキリング”よ、もう一度。そんな夢はカタールの夜に儚くも散った。オーストラリアは2回の優勝経験を誇るフランスに地力の差をまざまざと見せつけられ、1—4で敗戦。同じ日の昼にサウジアラビアがアルゼンチン...
別窓で開く

W杯日本人サポーターの「ゴミ拾い」を海外絶賛「心温まる瞬間」 現地動画約60万いいねの大反響
サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会が2022年11月20日に開幕し、日本人サポーターによる試合後のゴミ拾いが世界の注目を集めた。複数の海外メディアが21日に報じた。開幕戦では開催国カタールがアルベイトスタジアムでエクアドルと対戦し、0−2で敗れた。...
別窓で開く

テレビのニュース番組でリポーターが吹き出したワケは? 「よくこらえたよ」
アフリカのケニアで放送されたテレビ番組で、ほほ笑ましいハプニングが起こりました。地元のテレビ局『KBC』でリポーターをしているアルヴィン・カウンダさんはこの日、干ばつが野生動物に与える影響について取材をしていました。ケニアにある、ゾウやサイの孤児を保護する施設『シェルドリック・ワイルドライフ・トラス...
別窓で開く