本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自分のために、家族のためにやろう」——阪神が泥沼から立ち直った主因は“発想の転換”を施したブルペン改革にあり
約4か月前、悪夢の幕開けから長く暗いトンネルを彷徨い続けた猛虎が、美しいまでの上昇曲線を描いてその「強さ」を取り戻した。 前半戦のラストゲームとなった7月24日の横浜DeNAベイスターズ戦。最終回を迎えて1-0とリードはわずか1点。それでも甲子園球場に同点、逆転を憂う空気は微塵も感じられなかった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>