本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カーHCが“元教え子”デュラントと“元同僚”ジョーダンを比較「KDはさらに才能に恵まれている。ただ…」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは今季、プレーオフで平均34.3点をマークするなど、右足アキレス腱断裂からの完全復活を印象づけた。東京五輪のアメリカ代表メンバーにも名を連ねたこの32歳のスーパースターを、かつて指導したゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カー・ヘッドコーチ(HC)が...
別窓で開く

ファンへの暴言、チケット剥奪、OBの出禁…ニックスのオーナー“狂人”ドーランの常軌を逸した行動【NBA秘話|後編】<DUNKSHOOT>
■MSGを“暴言”御法度の聖域にしたい暴君ドーラン その2か月後、ドーランはさらに信じがたい行動を取っている。ある日の試合前、ニックスの大ファンであり、シーズンチケット・ホルダーでもある35歳の弁護士、マイク・ハマースキーがガーデンのロビー近くでビールを飲みながら友人を待って...
別窓で開く

ウォリアーズは“諸刃の剣”グリーンをどう扱うべき?米識者が見解「ジョーダンとロッドマンの関係」がヒントに〈DUNKSHOOT〉
昨季リーグ最下位に沈んだゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季ここまでウエスタン・カンファレンス8位(19勝16敗)とプレーオフ圏内につけている。大黒柱のステフィン・カリーが完全復活してチームを力強く牽引しているが、本当の意味で成功の鍵を握っているのはドレイモンド・グリーンだろう。...
別窓で開く

「俺を議論に加えないでくれ」“史上最高のスコアラー”としてジョーダンと比較されたデュラントが胸中を告白
“NBA史上最高の○○は誰か”。これは、識者やファンの間で幾度となく繰り広げられている議論のひとつだ。史上最高の選手、いわゆる“GOAT”論争では、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が今季4度目のリーグ制覇を成し遂げたことで、マイケル・ジ...
別窓で開く

来季のファイナルは“レブロンvsデュラント”の激突?名物コメンテーターが早くも大胆予想
スティーブ・ナッシュが新指揮官に就任したブルックリン・ネッツは、来る2020−21シーズンにおけるダークホースと言っていい。『ESPN』の名物コメンテーターとして人気を博すスティーブン・A・スミス氏は、昨季をケガで全休したケビン・デュラントをキーマンに挙げ、早くもネッツのNBAファイナル進出を予想し...
別窓で開く


<前へ1次へ>