本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



阪神・岡田監督がダメ出し、実演指導、カミナリで若手底上げに手応え! 助っ人削減も大正解
(取材に応じた岡田監督(C)共同通信社)「MVPとかなしに、そら選手全員でしょ」 昨21日、秋季キャンプを打ち上げた岡田彰布監督(64)は、若手中心のメンバーの底上げに手応えを感じた様子だった。 2008年以来の縦縞ユニホームで初日から精力的に動いた。打撃練習では大山や佐藤輝らのフォームにメスを入れ...
別窓で開く

【9・10月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】強打者ぶりが復活した中田翔が打撃二冠。投手部門では小笠原が3部門1位を達成<SLUGGER>
10月18日に9・10月の月間MVPが発表される前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はセ・リーグ編だ。【野手】●OPS ※60打席以上1位 岡本和真(巨人) .9762位 西川龍馬(広島) .9613位 ビシエド(中日) .946 圧巻の成績で8月まで3か月連続戴冠だった村上宗隆(ヤクルト...
別窓で開く

阪神退団濃厚の助っ人に韓国メディアが熱視線! 「日本で凄まじい失敗を経験した」ロハスJr.は古巣からも辛辣見解!?
10月14日に行なわれたセ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージ第3戦で、ヤクルトに3対6と逆転負けを喫した阪神。開幕9連敗から始まった2022年シーズンが終わりを迎えるとともに、4年に及んだ矢野燿大政権も終幕した。 惜しくもタイトルを手にできなかった阪神は、15日に岡田彰布新監督就任...
別窓で開く

「自分のために、家族のためにやろう」——阪神が泥沼から立ち直った主因は“発想の転換”を施したブルペン改革にあり
約4か月前、悪夢の幕開けから長く暗いトンネルを彷徨い続けた猛虎が、美しいまでの上昇曲線を描いてその「強さ」を取り戻した。 前半戦のラストゲームとなった7月24日の横浜DeNAベイスターズ戦。最終回を迎えて1-0とリードはわずか1点。それでも甲子園球場に同点、逆転を憂う空気は微塵も感じられなかった。...
別窓で開く

【前半戦通信簿|阪神】借金最大16を完済して2位浮上! 投手陣は充実の陣容も、打線は助っ人の不振以外にも懸念材料が<SLUGGER>
阪神46勝46敗2分勝率.500(2位)平均得点:3.40(5位)平均失点:2.81(1位)得失点差:+56(2位)▼前半戦通信簿:まずまずです 矢野燿大監督が今季限りの辞任を明言した開幕を迎えると、いきなり9連敗、だが、一時は16まで増えていた借金を前半戦最終盤についに完済して2位へ浮上した。...
別窓で開く

僕らはドラマを信じてる——。阪神がついに借金完済! 矢野監督が「舞台が整った」と力説する勝率.063からのV字回復に感じる機運
溜まりに溜まった“借金”がついになくなった。7月24日に横浜DeNAベイスターズを1対0で破り、今季5度目の同一カード3連勝をマーク。最大「16」もあった借金をようやく完済した阪神タイガースである。 戦前に「この試合を絶対取るんだ」と語っていた矢野燿大監督の執念が伝わるような...
別窓で開く

チームが苦しむなかで2軍で送るもどかしい日々。阪神・藤浪晋太郎は“現状”に何を想うのか?「1軍に呼ばれるまで——」
もどかしい日々を送っていることは間違いない。勝負……いや、キャリアの行く末をも左右しかねない1年は消化不良と言わざるを得ない発進だ。阪神タイガースの藤浪晋太郎は今、ファームの本拠地・鳴尾浜球場で黙々と汗を流している。【動画】二軍で際立つ剛速球! 藤浪晋太郎の奪三振シーンを...
別窓で開く

阪神・ケラーに「腐り始めてないか」憶測も 試合を壊した大乱調が物議、二軍暮らしもさらに長期化?
20日に行われた二軍・阪神対オリックス戦。「2-3」で阪神が敗れたが、試合結果以上に話題となったのが阪神助っ人・ケラーの大乱調だった。 ケラーはこの日「2-2」と両チーム同点の延長10回裏に6番手として登板したが、先頭・西村凌への四球から1死二塁のピンチを招く。...
別窓で開く

日本一のヤクルトは堅実な補強。大田泰示を獲得したDeNAの評価が低い理由は?【セ6球団補強採点】
春季キャンプも目前となり、各球団の陣容もおおむね固まってきた。ここでは、各球団のこのオフの選手の入退団状況を見ながら、戦力アップにつながる補強ができたかどうかを、A〜Eの5段階評価で振り返る。...
別窓で開く


<前へ1次へ>