本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「クリスティアーノの存在が我々を難しくしている」サウジでC・ロナウドと共闘する元セレソンがそう語るワケ「彼はみんなに…」
 かつてはバイエルン・ミュンヘンやマルセイユなどでプレーし、現在はアル・ナスルに在籍する元ブラジル代表MFルイス・グスタボが、インタビューに対応。新たにチームメイトになったクリスティアーノ・ロナウドについて語った。英紙『Daily Mail』が伝えている。...
別窓で開く

「私なら日本に行きたくない」ギリシャ代表FWの浦和移籍報道にセルティックOBが見解!「おカネは良いだろう。だが…」
 セルティックで古橋亨梧とポジションを争ってきたストライカーに、Jリーグはふさわしいのか。 セルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスは今季、リーグ戦やチャンピオンズ・リーグで先発出場が6試合にとどまっている。エースの古橋が君臨しているからだ。それでも、公式戦28試合出場で9得点。116...
別窓で開く

10代の娘が帰ってこない! 「身代金を払え」と要求され…メキシコ誘拐ビジネスの闇に迫る 「母の聖戦」を採点!
■〈あらすじ〉 メキシコ北部の町で、シエロ(アルセリア・ラミレス)は、10代の娘ラウラと二人で慎ましやかに暮らしていた。ある日、ラウラが出かけた数時間後、シエロの前に若い男が現れ、娘を誘拐した、身代金を払えと要求してくる。シエロは別居中の夫のグスタボ(アルバロ・ゲレロ)と金を工面し、20万ペソもの大...
別窓で開く

移籍状況で今季戦力ダウン必至のJ1クラブを識者3人が指摘。現状維持や主力の流出で大丈夫か
移籍状況で見るJ1戦力ダウンクラブ前編「上位進出期待クラブ」>>このオフもJリーグは移籍が活発に行なわれているが、なかには効果的な補強がなく、主力も流出などで戦力ダウンが必至の心配なクラブもある。3人の識者に、移籍状況から戦力ダウンと見るチームを挙げてもらった。...
別窓で開く

韓国紙「IAEAが福島原発汚染水の放流施設は安全と説明」 韓国国会では太平洋諸国と討論会開催へ
韓国聯合ニュースは20日、国際原子力機関(IAEA)調査団が、福島第1原子力発電所内の汚染水(処理水)海洋放流に先立ち、日本側審査の妥当性を確認するための二度目の現場検証を終えたと報じた。IAEA側は日本側の対応が国際的安全基準に合致していると説明している。...
別窓で開く

N・フォレスト、今シーズン25人目の補強はFWウッド! 買取義務付きローンで加入
ノッティンガム・フォレストは20日、ニューカッスルのニュージーランド代表FWクリス・ウッドの獲得を発表した。 現在31歳のウッドは、レスターやリーズなどでのプレーを経て、2017年夏にバーンリーへと移籍。そこから4シーズン連続で2桁ゴール(10、10、14、12)をマークし、ショーン・ダイシ監督時代...
別窓で開く

『ファミリア』役所広司×吉沢亮、初の親子役で共演
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1099回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、現在公開中の『ファミリア』と『BAD CITY』をご紹介しま...
別窓で開く

メキシコに蔓延する誘拐ビジネスの闇 母の視点と心情からリアルに描く『母の聖戦』
もし、ある日突然我が子が誘拐され、警察が何もしてくれなかったら? 犯罪組織に誘拐された娘を奪還するため、命がけの闘争に身を投じた女性の実話をベースに描く映画『母の聖戦』が公開中だ。 本作は、知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫った衝撃作。...
別窓で開く

【新潟|ポジション別最新序列】サイドアタッカーは若いタレントの宝庫。新助っ人FWは個での一発もありそう
 来るべき新シーズンに向けて、戦力補強やキャンプインなど、各クラブが着々と準備を進めている。いかなる陣容で新たな戦いに臨むか。本稿では、アルビレックス新潟のポジション別最新序列をお届けする。——◆——◆——【GK】 顔ぶれも変わらず4人体制。昨季は小島亨介が全試合フル出場でリーグ最少タイ失点に抑えた...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>