本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



南野陽子「干されて終了」大手事務所からの独立でささやかれる“悲惨な末路”
南野陽子 (C)週刊実話Web女優の南野陽子が、20年以上所属していた芸能事務所「ケイダッシュ」を、昨年末で退社していたことが分かった。その裏には、夫のX氏の存在があるとされ、業界関係者の間では「南野は干される」との見方が浮上しているという。...
別窓で開く

沖縄の負担軽減につながるか? グアムに新海兵隊基地「キャンプ・ブラズ」開設
沖縄駐留海兵隊の半数近くが移転するとか。グアムにとって30年ぶりの海兵隊基地 アメリカ海兵隊は2023年1月26日(木)、グアム島で建設中だった新基地「キャンプ・ブラズ」の開設式典を実施し、西太平洋における戦略的な作戦基地として活動を開始したと発表しました。...
別窓で開く

中国はすでに台湾統一の能力を備えたのに、なぜ遅々として動かないのか—中国メディア
2023年1月23日、中国メディアの騰訊新聞は、「国際秩序の面から、中国と台湾だけでなく、世界各国が注目する中台両岸関係については、1949年に国民党が台湾へ敗走して以来、いまだ解決の糸口が見えていない」として、「台湾に対して軍事的に圧倒的な優勢にある中国がなぜ両岸統一に時間をかけているのか」につい...
別窓で開く

アメリカ研究機関が戦慄の報告書を公表「日本の自衛隊は台湾有事で航空機161機、艦艇26隻を失う」
 1月9日、アメリカの政策研究機関として名高いCSIS(戦略国際問題研究所)は、いわゆる「台湾有事」を想定した衝撃のシミュレーション結果を公にした。 机上演習は、中国軍が2026年に台湾への上陸作戦に踏み切った場合の、さまざまな条件下における合計24通りのケースを想定。...
別窓で開く

『ウルトラマントリガー』出演の豊田ルナが語る初グラビアの記憶「自分の中にいるリトル豊田が『そういうのはダメだよ』って言うんです」
豊田ルナさんがグラビアへの思いを語ります『週刊プレイボーイ』に登場するタレント、女優、アイドルなど、各分野で活躍する女性たち。彼女たちの記念すべき「初グラビア」にフォーカスし、撮影にまつわるエピソードや当時の想いを綴る連載シリーズ、『初グラビア物語〜My First Gravure Story〜』。...
別窓で開く

中国が台湾に進攻したら?米シンクタンク「米日台が勝利も大きすぎる代償」—独メディア
2023年1月10日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、台湾海峡で軍事衝突が発生した場合のシミュレーション結果を米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が発表したと報じた。記事は、CSISが9日に台湾海峡で軍事衝突が発生した場合の結果について、24のケースごとにシミュレーションし...
別窓で開く

「中国の台湾侵攻時、日本は戦闘機100機、軍艦26隻喪失」米CSIS分析
中国が台湾に侵攻すれば、中国が勝利する可能性が低いが、米国は莫大な損失をこうむるという分析結果が出ている。CNNは9日(現地時間)、中国の台湾侵攻を前提とした米戦略国際問題研究所(CSIS)のウォーゲームレポート24点を入手しシミュレーションした結果、中国は侵攻に成功しないものの、米国・台湾・日本も...
別窓で開く

緊張の台湾情勢も今年有事は発生するのか 鍵を握るのは習近平氏の判断
昨年夏、米国のナンバー3とも言われるナンシー・ペロシ米下院議長が台湾を訪問したことで、中国が軍事演習やミサイル発射など対抗措置をこれまでになくエスカレートさせた。■8月に緊張が高まった台湾情勢その後も今日に至るまで緊張は続き、ジョー・バイデン大統領は台湾への防衛支援を強化するだけでなく、習近平氏も台...
別窓で開く

南シナ海上空の「異常接近」を互いに非難、軍事衝突寸前まで続く米中威嚇合戦 台湾問題を巡る米中対決エスカレートは必至
(北村 淳:軍事社会学者) 昨年(2022年)末12月29日、米国防総省は同月21日に南シナ海上空で米軍機に中国軍機が3メートル以内という至近距離に接近するという“極めて危険な事案”が生じていたことを公表した。 それとともにアメリカ主要メディアは、中国海軍航空母艦「遼寧」がグアム周辺海域で確認された...
別窓で開く

クリスマスとお正月。2大ビックイベントが重なる年末年始ですが、海外ではどんな盛り上がりを見せるのでしょう? 海外在住ライターたちに各国の様子をリレー連載でリポートしてもらいます。今回はビーチリゾートでおなじみのグアムからです! 米国領のグアムは時差の関係上、日本より1時間、米国本土より15〜20時間...
別窓で開く


[ グアム ] の関連キーワード

ウルトラマン 南シナ海 アメリカ csis bbq
自衛隊 ブラズ