本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界で初めて地球最深部に到達(1960年1月23日)
 スイスの物理学者オーギュスト・ピカールが発明しイタリアで製造されたバチスカーフ(Bathyscaphe )と呼ばれる潜水艇。バチスカーフはギリア語のbathys(深い)とskaphos(船)に由来する造語で深海探査用の潜水艇です。 バチスカーフはフロート、キャビン、水バラストタンク、固形バラスト収...
別窓で開く

トンガ支援の自衛隊機、豪州に=22日にも現地入り、追加派遣も
 防衛省は21日、海底火山の噴火と津波で大きな被害を受けた南太平洋の島国トンガを支援するために派遣された航空自衛隊のC130輸送機が、救援活動の拠点となるオーストラリアのアンブリー空軍基地に到着したと発表した。早ければ22日にもトンガに入る。飲料水や資材を運ぶ輸送機2機の追加派遣も決めた。...
別窓で開く

昨年、史上最高値の779万円をつけたビットコイン。中米エルサルバドルが自国の法定通貨として採用するなど、“新たな通貨”として市民権を獲得しつつあることをご存じの人も多いだろう。 そんな仮想通貨の世界を切り開いてきたキーマンの一人が国内大手取引所「ビットフライヤー」の共同創業者、加納裕三氏。日本初の“...
別窓で開く

トンガ海底火山の大噴火は「南海トラフ」大地震とリンクする 専門家が見解
15日に起きた南太平洋のトンガ沖の海底火山では、日本や米国西海岸など太平洋沿岸で津波が確認された。 この規模の噴火は「100年に1度」「1000年に1度」と報じられる一方、日本ではトカラ列島をはじめ、南海トラフ地震の津波が想定される高知県や和歌山県などでも津波が観測された。津波の大きさは高知県室...
別窓で開く

ジャングルでの孤独な潜伏生活を支えた素朴な宗教心とは【がんと向き合い生きていく】
【がんと向き合い生きていく】第245回 今からおよそ50年前の1972年2月、グアム島のジャングルに約28年間潜伏していた残留日本兵の横井庄一さん(97年没)が帰国しました。 最近、横井さんが帰国後に入院した際のカルテが見つかったと報道されました。当時56歳でした。...
別窓で開く

北朝鮮の新型ミサイル発射が日本に迫る「重大判断」 方向変更自在で着弾点不明、EEZ内での迎撃を公表すべし
 北朝鮮のミサイルが、低高度・変速軌道で、沖縄を含む日本全土やグアムを射程に入れるとなれば、日米は対応できるのだろうか。 日米の対応については、迎撃ミサイルの技術的可能性のほかにもう一つ、政治的判断がある。 政治的判断は、これらのミサイル射撃に対して、かなり難しい判断となるだろう。...
別窓で開く

北朝鮮「集中的に撃っていい」という上からの指示か 〜17日にミサイル2発発射
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月18日放送)に東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が出演。北朝鮮が1月17日に日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

えなこ、2年ぶりバースデーイベント開催 貴重私物プレゼントに美声披露…ファンへの感謝も
【モデルプレス=2022/01/16】“日本一のコスプレイヤー”と称されるえなこが16日、都内にてバースデーイベント「えなこ Birthday Party2022」を開催。歌ありトークありプレゼントありのイベントで、ファンとの時間を楽しんだ。◆えなこ、2年ぶりのバースデーイベント開催昨年は新型コロナ...
別窓で開く

三國連太郎の手が“密壺”に!?日本映画史「あわや“ホンバン映画”」疑惑を探るッ
 映画界には常に「あれはもしかして本当に?」という噂がつきもの。そんな都市伝説を検証する。 男性の下腹部が充血により硬くなる現象をズバリ指す言葉を出して、「つい、○○しちゃった」 と、なんともチャーミングな笑顔で親しい映画記者に打ち明けたのは、08年に他界した名優・緒形拳(享年71)。...
別窓で開く

「自衛隊の名称を国防軍とするべき」 前統幕長、元陸幕長が語る憲法改正
 中国の覇権主義的態度は日増しに強まり、北朝鮮は予測不能。「専守防衛」を旨とする日本は脅かされるばかりだが、昨秋の総選挙を受け、憲法改正の気運が高まったかに見える。では、肝心の自衛隊をどう活かすべきか。作家の早瀬利之氏が緊急レポートをお届けする。 *** このところ、我が国の周辺では看過できない事態...
別窓で開く


[ グアム ] の関連キーワード

北朝鮮 トンガ 自衛隊