本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



旅人マリーシャの世界一周紀行「イギリス人がこだわる本場フィッシュ&チップスの食べ方」第335回
みなさん、こんにちは! 今回はエリザベス女王の逝去に追悼の意を込めて、イギリスのソウルフードを作りたいと思います。「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第39品目は「フィッシュ&チップス」です。ただの揚げ物とあなどることなかれ! そこには食にあまり興味がないと思われているイギリス人のこだわりや、16...
別窓で開く

旅人マリーシャの世界一周紀行:第329回「美女を育むスロバキアの国民食『ブリンゾヴェー・ハルシュキ』って?」
私が世界125ヵ国をまわった中でも、最も美女遭遇率の高かった国はスロバキア。ウクライナやベラルーシなど東欧はスラブ系美人が多いことで有名ですが、スロバキアの美女は「ふんわり優しい系」が多い印象でした。さて、今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第36回は、そんなスロバキアの国民食「ブリンゾヴェ...
別窓で開く

クックパッドが「ウクライナのレシピ帳」発売 ウクライナ紛争の被害者を支援
 クックパッドが電子書籍「ウクライナのレシピ帳」を6月30日に発売しました。価格は税込550円。AmazonのKindleストアほか、各社の電子書籍ストアにて販売されています。 これはウクライナ紛争に巻き込まれてしまった人たちを支援するためのもので、諸経費を除いた売上金は、公益財団法人横浜市国際交流...
別窓で開く

サッカー好きならご存知「UEFAネーションズリーグ」でイングランドに快勝したことで注目のハンガリーですが、今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第36回はハンガリーの伝統料理「グヤーシュ」に挑戦です!ハンガリーはオーストリア、スロバキア、ウクライナなど複数の国に囲まれた内陸国。海がないため肉中...
別窓で開く

旅人マリーシャの世界一周紀行「旅人の心を癒すルーマニア風ロールキャベツ・サルマーレ」第327回
今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第35回は、前回に引き続きウクライナ周辺国から、ルーマニアの伝統料理「サルマーレ」を作りたいと思います。ルーマニアは東欧に位置する共和制国家。日本の本州と同じくらいの大きさで、ウクライナ、モルドバ、ブルガリア、セルビア、ハンガリーなど複数の国に囲まれていま...
別窓で開く

モルドバのおふくろの味「ママリガ」はモッチリしたコーン粥「旅人マリーシャの世界一周紀行:第326回」
今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第34回は、ウクライナ周辺国から、モルドバやルーマニアの国民食として愛されている「ママリガ(ママリーガ)」を作りたいと思います。ウクライナの南に位置するモルドバは、面積が九州くらいの小国で公用語はルーマニア語。欧州最貧国と言われ経済的に苦しいながらも、ウク...
別窓で開く

世界の寿司パトロール! 豚の脂身「サーロ」で作るウクライナ版お寿司「旅人マリーシャの世界一周紀行:第325回」
豚肉を生で食べない日本ではなかなか縁のない食べ物ですが、あえて紹介したい。今回の「旅人でも簡単に作れるおうちで世界飯」第33回は、ウクライナの伝統食「サーロ」でお寿司作りです!サーロは豚の脂身の塩漬けのこと。「白豚脂」と意訳され、"カロリーおばけ"な感は否めません。主に背脂で作られるようですが、豚バ...
別窓で開く

「名前は知っているけれど、どんな国?」を解決 世界212の国と地域を解説した一冊
 否が応でも世界情勢に目がいく昨今。紛争が起こった国々で過去に何が起きていたのか気になる、オリンピックで見て「名前は知っているけれど、どんな国だっけ?」と疑問に思ったなど、世界の国々に注目する機会が増えたのではないでしょうか。 今回紹介する井田仁康さんの著書『読むだけで世界地図が頭に入る本 世界21...
別窓で開く

Apple新製品発表イベントに登場したティム・クックCEOのファッションが注目集める 「ウクライナへの隠しメッセージ」「それでもロシア軍は撤退しない」
3月8日に行われたApple新製品発表イベントに登場したティム・クックCEOのファッションがちょっとした注目を集めています。https://twitter.com/niravmistry/status/1501259706853068808そのファッションがこちらとなります。...
別窓で開く


<前へ1次へ>