本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



年内最後のFIFAランク発表! 日本は変動なくアジア2位、W杯プレ大会でGL敗退のサウジが3ランク後退…
 FIFA(国際サッカー連盟)は12月23日、年内最後となる最新の世界ランキングを発表した。日本は前回と同じ26位で、アジア2位の座は変わらなかった。 国際マッチウィークがなかった12月は上位陣もほぼ変動なく、1位がベルギー、2位ブラジル、3位フランス、4位イングランド、5位アルゼンチンなどと続き、...
別窓で開く

W杯欧州予選プレーオフの組み合わせが決定!欧州王者イタリアとC・ロナウド擁するポルトガルがまさかの同じ組に
 現地時間11月26日、スイスのチューリヒで、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフの組み合わせ抽選会が行なわれた。 欧州予選は先日、各グループの全日程が終了。首位となったセルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチア、イングランド、ドイツの10か国が...
別窓で開く

歴史的な点取り屋、欧州制覇の殊勲者も予選落ちの危機! 「カタールW杯を欠席するかもしれないスーパースター」の顔ぶれは?
世界中で行なわれているカタール・ワールドカップ予選。各大陸によって進み具合は違い、さらにその後には大陸間プレーオフも控えており、来年6月まで緊張感溢れる戦いは続いていく。 そんななかで欧州はグループステージが全日程を終了。セルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチ...
別窓で開く

「かわいい笑」オランダ代表が2大会ぶりW杯出場決定! 歓喜のロッカールーム動画が大反響
 現地時間11月16日、カタール・ワールドカップの欧州予選最終節が各地で行なわれ、グループGのオランダがノルウェーを2-0で下し、2大会ぶりとなる本大会出場を決めた。 最終節を前に、引き分け以上でグループ首位通過が決まるオランダは、ルイス・ファン・ハール監督が負傷のためベンチ外に。スタンドで指揮官が...
別窓で開く

ポルトガルやイタリアら…W杯欧州予選プレーオフ進出12カ国が決定
 FIFAワールドカップカタール2022欧州予選が16日に終了。W杯本戦ストレートインの10チームおよび、プレーオフに進出する12チームが決定した。 今大会の欧州予選は55カ国が10グループに分かれて開催。各グループの首位が本戦ストレートインの権利を獲得する一方で、各組の2位とUEFAネーションズリ...
別窓で開く

最新FIFAランキング、日本は28位で2ランクダウン…最終予選でもたつきポイント下落、4連勝サウジが躍進
 FIFA(国際サッカー連盟)は10月21日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。 1位はベルギーで変わらず。上位陣ではネイションズ・リーグ優勝のフランスが前回4位から3位に、同準優勝のスペインが前回8位から7位に浮上した。同ベスト4のイタリアも前回5位から4位に上昇した。前回2位のブラジルは変...
別窓で開く

最新FIFAランク発表! 2ランクダウンの日本はアジアトップの座も陥落。1位は変わらずベルギー
 FIFA(国際サッカー連盟)は9月16日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。 1位ベルギー、2位ブラジルは前回と変わらず。上位陣では3位のフランスがひとつ順位を落とし、4位のイングランドと入れ替わった。 前回24位の日本は2ランクダウンの26位。22位にランクアップしたイランにアジアトップの...
別窓で開く

日本、豪州、サウジの“3強”だが侮れない中国とベトナム。カギを握るのはオマーン【最終予選・最新敵国情報】
 カタール・ワールドカップの出場をかけたアジア最終予選。日本はB組でオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと対戦する。 ホーム&アウェーで10試合の日程が組まれているが、新型コロナウイルスの蔓延により、一部中立地の使用も考えられる。実際、第2節の中国戦は中国政府の入国規制により、カ...
別窓で開く

最新FIFAランキング発表! 日本は24位にランクアップ。EURO&コパ・アメリカの覇者は? トップ3に変動あり
 FIFA(国際サッカー連盟)は8月12日、最新の世界ランキング(男子)を発表。前回からトップ3の序列に変動があった。 1位は変わらずベルギー。EUROではベスト8でイタリアに敗れるもトップの座をキープした。前回のランキングから入れ替わったのは2位と3位。コパ・アメリカ準優勝のブラジルが、EUROで...
別窓で開く

「航平さんに早く追いついて、越せるように」橋本大輝が鉄棒でも金!個人総合との二冠達成【東京五輪】
東京オリンピック2020は8月3日、男子体操個人種目別の鉄棒が行われ、日本からは橋本大輝と北園丈琉が出場。橋本が唯一の15点台を叩き出し、個人総合に続く金メダルを達成した。 波乱の展開となった。選ばれた8人がその技を競う個人種目別。しかし、鉄棒のスペシャリストたちがプレッシャーもあったのかミスを連発...
別窓で開く