本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドンチッチが初の得点王に向け快走!渡邊雄太は3ポイント成功率で3位に【NBA開幕10試合個人成績ランキング】
現地時間10月18日に開幕したNBAの2022−23シーズン。11月9日を終えた時点で全球団が最低10試合を消化し、チーム・個人ともに明暗が分かれてきている。 個人では5年目を迎えたダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが、平均34.8点で得点ランキングを快走。...
別窓で開く

カーメロ、オルドリッジ、ジョージ——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者を発表!【現役編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビューを果たしたことが話題...
別窓で開く

「僕はスターになれる」ホークスからニックスへ移籍したレディッシュが新天地での飛躍を誓う<DUNKSHOOT>
現地時間1月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ニューヨーク・ニックスはケビン・ノックスと2022年のドラフト1巡目指名権を放出し、アトランタ・ホークスからソロモン・ヒルと2025年のドラフト2巡目指名権、そしてキャム・レディッシュを獲得した。 2月10日のデッドラインを前に、昨季プレーオフへ進...
別窓で開く

NBA新記録を樹立したカリーが3年ぶりの月間MVP! ランドルは球団7年ぶりの受賞者に<DUNKSHOOT>
5月4日(日本時間5日、日付は以下同)、NBAが4月の月間最優秀選手を発表。イースタン・カンファレンスからニューヨーク・ニックスのジュリアス・ランドル、ウエスタン・カンファレンスからゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが選出された。...
別窓で開く

ユーイング、ムトンボらを輩出した“ビッグマンのジョージタウン”。そのなかで1人異彩を放つアイバーソン【名門カレッジ史】
首都ワシントンDCにキャンパスを置くジョージタウン大は、ビル・クリントン元大統領、ドナルド・ラムズフェルド元国防長官ら、多くの政治家や外務官を送り出している名門校だ。さらにスポーツではバスケットボールの強豪校で、とりわけ優秀なセンターが多いことでも知られている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>