本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドンチッチが初の得点王に向け快走!渡邊雄太は3ポイント成功率で3位に【NBA開幕10試合個人成績ランキング】
現地時間10月18日に開幕したNBAの2022−23シーズン。11月9日を終えた時点で全球団が最低10試合を消化し、チーム・個人ともに明暗が分かれてきている。 個人では5年目を迎えたダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが、平均34.8点で得点ランキングを快走。...
別窓で開く

カーメロ、オルドリッジ、ジョージ——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者を発表!【現役編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビューを果たしたことが話題...
別窓で開く

ニックスとシクサーズはヤングを「嫌うべき」?同僚ウィリアムズがそう語る理由とは<DUNKSHOOT>
現地時間10月4日(日本時間5日、日付は以下同)に行なわれたマイアミ・ヒートとのプレシーズン初戦で、右大腿四頭筋を打撲したアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング。若きエースはその後2試合を欠場し、14日のプレシーズン最終戦で復帰すると、同じくヒート相手にいずれもゲームハイとなる27得点、15アシストを...
別窓で開く

「NBAのベストシューターだと証明したい!」ボグダノビッチが今季への意気込みを語る<DUNKSHOOT>
NBA入りから3年間をサクラメント・キングスで過ごし、2020年のオフにアトランタ・ホークスへFA(フリーエージェント)移籍したボグダン・ボグダノビッチ。新天地で気合十分だったが、キャリア4シーズン目を迎えた昨季は、右ヒザ剥離骨折のため1月中旬から約2か月間の戦線離脱を余儀なくされた。...
別窓で開く

大黒柱アデトクンボの負傷でバックス大敗。エースはシーズン終了の可能性も<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日(日本時間30日、日付は以下同)、ミルウォーキー・バックスとアトランタ・ホークスのカンファレンス・ファイナル第4戦がアトランタのステイトファーム・アリーナで開催された。 シリーズ成績2勝1敗とバックスがリードして迎えたこの試合、ホークスは今プレーオフでチームトップの平均29.8点、...
別窓で開く

今季の一番の敵は“睡眠不足”?好調ホークスのボグダノビッチが明かした“タフな生活リズム”<DUNKSHOOT>
4シーズンぶりのプレーオフ返り咲きを狙うアトランタ・ホークスは、3月に入り8連勝と最高のスタートを切ったものの、その後の5試合で4敗と停滞。それでも、4月4日(日本時間5日、日付は以下同)にゴールデンステイト・ウォリアーズを117−111で下し、4月に入って3連勝と再び息を吹き返している。...
別窓で開く

ユーイング、ムトンボらを輩出した“ビッグマンのジョージタウン”。そのなかで1人異彩を放つアイバーソン【名門カレッジ史】
首都ワシントンDCにキャンパスを置くジョージタウン大は、ビル・クリントン元大統領、ドナルド・ラムズフェルド元国防長官ら、多くの政治家や外務官を送り出している名門校だ。さらにスポーツではバスケットボールの強豪校で、とりわけ優秀なセンターが多いことでも知られている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>