本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「中国は信頼を裏切った」剛腕アメリカ大使が怒りの直言!
 今年1月に着任したラーム・エマニュエル駐日アメリカ大使(62)は、アメリカの政界では剛腕として名を馳せ、「ランボー」の異名を持つ。大学在学中から政治活動に没頭。民主党陣営での選挙活動と資金集めで驚異的な実績をあげ、若くして頭角をあらわした。 1993年、ビル・クリントン政権で大統領上級顧問に就任し...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

「自分は大丈夫」は大間違い、あなたもフェイクニュースに騙される フェイクニュースの研究(1)
 フェイクニュースを見聞きした人の4人に3人以上が騙される。そして、どちらかといえば年齢が高い人の方が騙されやすい。米国大統領選挙、新型コロナウイルス、ウクライナ侵攻——あらゆる場面で蔓延しているフェイクニュース問題を、山口真一 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授がエビデンスをも...
別窓で開く

《任期は来年4月まで》日銀・黒田総裁の「円安は日本経済にプラス」は正しかったのか?
円安は150円もあるが、問題はその後だ。元財務官の榊原英資氏による「ポスト黒田の『利上げ時代』に備えよ」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年6月号より)◆ ◆ ◆■なぜ急速に円安が進んだのか 急速な円安・ドル高が進行しています。今年3月上旬には1ドル110円台半ばだったのが、4月後半には130...
別窓で開く

ウクライナ侵攻の引き金に!? アメリカ民主党の外交政策
ロシアのウクライナ侵攻が始まって、もうすぐ3か月になろうとしている。フィンランドやスウェーデンもNATO(北大西洋条約機構)に加盟する見通しとなり、西側諸国とロシアとの対立が鮮明になってきた。ロシアとNATOの緩衝国であることが当たり前だったウクライナが、なぜNATO加盟を望んだのだろうか? 国際弁...
別窓で開く

米国、ロシアの戦争犯罪「断罪」のため、20年ぶりに「ICC支援」を検討=韓国報道
米国は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を断罪するため、20余年ぶりに国際刑事裁判所(ICC)を正式に支援する方案を検討していることがわかった。11日(現地時間)ニューヨークタイムズ(NYT)によると「ロシア軍の戦争犯罪行為に対するICCの調査に、米政府が支援することが法的に可能なのか」について...
別窓で開く


<前へ1次へ>