本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



冷戦が終結した1990年代、アメリカはどのような社会だったのか。ボストン大学のブルース・シュルマン教授と作家カート・アンダーセン氏のインタビューを収録した『世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70-90s 「超大国」の憂鬱』(祥伝社)から、一部を抜粋してお届けする——。(第2回)■映画で読み解...
別窓で開く

■米メディアが報じた「台湾有事」の悲劇的シナリオ中国による台湾侵攻の懸念が高まるなか、悲観的なシナリオがアメリカで報じられている。中国が侵攻に踏み切った場合、日米およびその他のアメリカの同盟国が制止に動いたとしても、制止は不可能だという分析だ。さらに、中国は開戦直後、真っ先に在日米軍基地などを叩くと...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

投資会社カーライル・グループ創業者のデイヴィッド・ルーベンシュタインが経営者、政治家、スポーツ選手、アーティストなど業界のトップの人材にインタビューをする番組『The David Rubenstein Show』。ブルームバーグTVで配信中で、ジェフ・ベゾス、ジャック・ニクラウス、ビル・クリントンな...
別窓で開く

廃ホテルに現れる幽霊の正体は?ディーン・フジオカ“小比類巻”ら心霊現象を調査
ディーン・フジオカ主演の土曜ドラマ『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)第6話が、5月28日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。今回、人気心霊研究家の通称スワニーこと諏訪直人役でダイアモンド?ユカイが出演する。...
別窓で開く

調べたら意外だったカウボーイたちの日常に市川紗椰「過酷だけど地味」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、実は地味だったカウボーイたちの日常について語る。* * *以前、この連載で牛がいかに好きなのかを語りました。牛のかわいさに魅了されながらも、生で見る牛はだいたい寝ている。起き...
別窓で開く

「2036年に大統領選に出る」バイデンも才能を認めた女性“アマンダ・ゴーマン”とは何者か?
 2021年1月、バイデン大統領就任式で朗誦された一篇の詩。アメリカの分断を癒し、ともに立ち上がろうというメッセージをうたいあげ、全世界に感動を与えたわずか22歳の桂冠詩人こそが、アマンダ・ゴーマンでした。素晴らしいパフォーマンスとインパクト絶大なその姿もあいまって、一夜にして世界の時の人になったゴ...
別窓で開く

《任期は来年4月まで》日銀・黒田総裁の「円安は日本経済にプラス」は正しかったのか?
円安は150円もあるが、問題はその後だ。元財務官の榊原英資氏による「ポスト黒田の『利上げ時代』に備えよ」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年6月号より)◆ ◆ ◆■なぜ急速に円安が進んだのか 急速な円安・ドル高が進行しています。今年3月上旬には1ドル110円台半ばだったのが、4月後半には130...
別窓で開く

ドイツのメルケル元首相がスゴい理由は? コロナ禍でも注目された女性政治家に見る“次世代リーダー像”のあり方とは
 海外各国の女性リーダーが注目される一方で、日本では未だに女性総理大臣が誕生していない。それどころか、女性管理職の割合もなかなか増えていないのが現状である。では、日本にも女性リーダーが誕生すれば、万事解決なのであろうか。それとも……。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻の引き金に!? アメリカ民主党の外交政策
ロシアのウクライナ侵攻が始まって、もうすぐ3か月になろうとしている。フィンランドやスウェーデンもNATO(北大西洋条約機構)に加盟する見通しとなり、西側諸国とロシアとの対立が鮮明になってきた。ロシアとNATOの緩衝国であることが当たり前だったウクライナが、なぜNATO加盟を望んだのだろうか? 国際弁...
別窓で開く


[ クリント アメリカ ] の関連キーワード

ウクライナ ゴーマン ディーン アメリカ 小比類巻
民主党 ドイツ

<前へ1234567次へ>