本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米韓首脳会談、対北朝鮮で「核の傘」含めた抑止力強化を確認
 【ソウル=溝田拓士】米国のバイデン大統領は21日、韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領とソウルの大統領府で初めての首脳会談を行った。北朝鮮による挑発が強まる中、バイデン氏は韓国に対し、「核の傘」を含めて同盟国を防衛する「拡大抑止」の責任を果たすことを確認し、米韓...
別窓で開く

ダイアモンド☆ユカイ、心霊研究家役で『パンドラの果実』出演 ディーンの印象は「若き日のクリントイーストウッド」
歌手でタレントのダイアモンド☆ユカイが、『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』(毎週土曜 後10:00)第6話にゲスト出演することが決定した。ユカイは人気心霊研究家の通称スワニーこと諏訪直人を演じる。 第6話ではディーン・フジオカ演じる小比類巻祐一が室長を務める、科学犯罪対策室が、島崎(板尾創路...
別窓で開く

《任期は来年4月まで》日銀・黒田総裁の「円安は日本経済にプラス」は正しかったのか?
円安は150円もあるが、問題はその後だ。元財務官の榊原英資氏による「ポスト黒田の『利上げ時代』に備えよ」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年6月号より)◆ ◆ ◆■なぜ急速に円安が進んだのか 急速な円安・ドル高が進行しています。今年3月上旬には1ドル110円台半ばだったのが、4月後半には130...
別窓で開く

クリーンな業界願う叫び? 山田孝之、斎藤工、池田エライザ…“俳優監督”相次ぐ理由
近年、山田孝之、のん、斎藤工、池田エライザなど、監督業に挑む俳優が増えている印象だ。過去には桃井かおりや黒木瞳、浅野忠信らも監督に挑戦しているが、北野武に次ぐヒット作は数少ない。ハリウッドや海外に比べて労働環境が良くないと言われる日本の映画界で、今春には性加害報道が相次いだ。...
別窓で開く

ドイツのメルケル元首相がスゴい理由は? コロナ禍でも注目された女性政治家に見る“次世代リーダー像”のあり方とは
 海外各国の女性リーダーが注目される一方で、日本では未だに女性総理大臣が誕生していない。それどころか、女性管理職の割合もなかなか増えていないのが現状である。では、日本にも女性リーダーが誕生すれば、万事解決なのであろうか。それとも……。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻の引き金に!? アメリカ民主党の外交政策
ロシアのウクライナ侵攻が始まって、もうすぐ3か月になろうとしている。フィンランドやスウェーデンもNATO(北大西洋条約機構)に加盟する見通しとなり、西側諸国とロシアとの対立が鮮明になってきた。ロシアとNATOの緩衝国であることが当たり前だったウクライナが、なぜNATO加盟を望んだのだろうか? 国際弁...
別窓で開く

ウエスト決勝はウォリアーズが先勝!カーHC「(マブズは)ハーデンがいた時のヒューストンを思い出させる」<DUNKSHOOT>
現地時間5月18日に幕を開けたウエスタン・カンファレンス・ファイナルは、ゴールデンステイト・ウォリアーズがダラス・マーベリックスを112−87で下して幸先良いスタートを切った。 ウォリアーズはステフィン・カリーがゲームハイの21得点、12リバウンドに4アシストを記録。...
別窓で開く

投資会社カーライル・グループ創業者のデイヴィッド・ルーベンシュタインが経営者、政治家、スポーツ選手、アーティストなど業界のトップの人材にインタビューをする番組『The David Rubenstein Show』。ブルームバーグTVで配信中で、ジェフ・ベゾス、ジャック・ニクラウス、ビル・クリントンな...
別窓で開く

「#MeToo」に火をつけたスクープの、複雑すぎる裏側。
 アメリカにおける「#MeToo運動」は、この本から始まった、という触れ込みに引かれ、本書『キャッチ・アンド・キル』(文藝春秋)を手に取った。映画業界のセックス・スキャンダルがテーマで、著者は2018年ピューリッツァー賞を受賞した。しかし、単純なスクープものではなかった。いくつもの重層的な構造が隠れ...
別窓で開く

クレア・デインズとダコタ・ファニングがヒラリー・クリントンに! 歴史改変ドラマに出演
元アメリカ大統領候補のヒラリー・クリントンを主人公にした歴史改変ドラマ『Rodham(原題)』に、クレア・デインズとダコタ・ファニングが出演し、それぞれ違う年代のヒラリーを演じることがわかった。 Varietyによると、本作は、2020年に出版され、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーになったカー...
別窓で開く