本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国の令夫人像…「米オバマ元統領夫人をモデルにすべき」
ファーストレディの役割について”伝統的な内助の功に重点を置くべき”との意見と、”積極的な活動に出るべき”との意見に分かれる中、米国のバラク・オバマ元大統領の夫人(ミシェル・オバマ)をロールモデルにすべきとの意見が出され、注目を集めている。インサイトケイ研究所のペ・ジョンチャン所長はイーデイリーとの通...
別窓で開く

東郷和彦氏「世界は『ウクライナの正義』か『一刻も早い和平』かで揺れている」
(東郷和彦氏(C)日刊ゲンダイ)【注目の人 直撃インタビュー】 東郷和彦(元外務省欧亜局長、静岡県立大客員教授) ロシアのウクライナ侵攻を機に、北欧の伝統的な中立国だったフィンランドとスウェーデンがNATO(北大西洋条約機構)への加盟を申請した。NATOのさらなる拡大は欧州の安全保障環境にどう影響す...
別窓で開く

■米メディアが報じた「台湾有事」の悲劇的シナリオ中国による台湾侵攻の懸念が高まるなか、悲観的なシナリオがアメリカで報じられている。中国が侵攻に踏み切った場合、日米およびその他のアメリカの同盟国が制止に動いたとしても、制止は不可能だという分析だ。さらに、中国は開戦直後、真っ先に在日米軍基地などを叩くと...
別窓で開く

「メキシコ、お前もか」、中国に“裏庭”を荒らされるバイデン政権 米州首脳会議のボイコット続出が映した米国の求心力低下
(水野亮:米Teruko Weinbergエグゼクティブリサーチャー)メキシコ大統領まで会議をボイコット 6月6日の週に米州首脳会議(Summit of the Americas)が米ロサンゼルスで開催された。北米、中米・カリブ、南米諸国の首脳が参加する会議であり、1994年、当時のクリントン政権の...
別窓で開く

名門シンクタンク、ブルッキングス研究所に上がった火の手 現職所長の不正ロビー活動が明るみに出た、どろどろの背景
渦中の所長はヒラリーの副大統領候補 中道・リベラル系のシンクタンクとして長い伝統と実績を誇ってきたブルッキングス研究所(創設1916年)が大揺れに揺れている。 現職所長のジョン・アレン退役海兵隊大将(68)が秘密裡に中東のカタールのロビー活動を行っていたとして米司法省当局が捜査しているとの情報が流れ...
別窓で開く

【本棚を探索】第21回『実力も運のうち 能力主義は正義か?』マイケル・サンデル著/濱口 桂一郎
■功績重視に疑問呈す 2019年度の東大入学式の祝辞で、上野千鶴子は2つのことを語った。前半では「大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています」と、将来待ち受けるであろう女性差別への闘いを呼びかけ、後半では「がんばったら報われるとあなたが...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

投資会社カーライル・グループ創業者のデイヴィッド・ルーベンシュタインが経営者、政治家、スポーツ選手、アーティストなど業界のトップの人材にインタビューをする番組『The David Rubenstein Show』。ブルームバーグTVで配信中で、ジェフ・ベゾス、ジャック・ニクラウス、ビル・クリントンな...
別窓で開く

若い女性たちを食い物に…金と権力をもつ男たちが築き上げた社会構造の“実態”に迫る
「#MeToo」運動は、今から約4年半前、2017年10月に起きた。きっかけは、「ニューヨーク・タイムズ」紙と「ニューヨーカー」誌が、わずか数日違いで、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの長年に及ぶセクハラや性暴力を暴露する記事を掲載したこと。...
別窓で開く

バイデン氏の「訪韓」と経済・安保・外交の「トリプル成果」=韓国メディアのコラム
「大統領の成功」の核心は経済と民生だ。大統領が再選に挑戦しようとすれば、経済の状況は当落を左右する。1992年、湾岸戦争に勝利したジョージ・H・W・ブッシュ米大統領(当時)がクリントン氏に敗れたのは、経済のゆえだった。大統領の国政運営の評価も「民生経済」がその核心である。「成功」を目指すユン・ソギョ...
別窓で開く


[ クリントン ] の関連キーワード

ウクライナ マイケル メキシコ アメリカ サンデル
オバマ

<前へ123456789次へ>