本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ザルツブルク、”敏腕SD”フロイント氏の残留を発表…チェルシーは新SD確保ならず
ザルツブルクは20日、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリストフ・フロイント氏の残留を発表した。 現在45歳のフロイント氏は2006年にザルツブルクのチーム・マネージャーに就任。2012年にスポーツ・コーディネーターを担当後、2015年から同クラブのSDを務めている。...
別窓で開く

チェルシー、新SD招へいに近づく…ザルツブルクのフロイント氏と個人合意か
チェルシーが新しいスポーツディレクター(SD)の招へいに近づいているようだ。18日、イギリス紙『ガーディアン』や同紙『テレグラフ』など複数メディアが伝えている。 チェルシーは今夏にロシア人のロマン・アブラモヴィッチ氏からアメリカ人のトッド・ベーリー氏ら率いるグループに経営陣が変更。...
別窓で開く

「なにこの最高の動画」南野らリバプールの“ザルツ組”の異文化交流が大反響!「世界に広まるOKONOMIYAKI」
 リバプールの南野拓実が、チームメイトと行なった異文化交流が反響を呼んでいる。 今回、日本代表FWが参加したのは、クラブ公式SNSでの特別企画「それぞれの出身地域のローカルフードを食べてみた」というもの。元ザルツブルクという共通点を持つ、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタと、...
別窓で開く

【現地発】英紙記者が明かす南野拓実の「リアル評」。出場機会の限られるリバプールで未来はあるのか?
リバプールが南野拓実の獲得を決めたのは2019年12月。フィルジル・ファン・ダイク(←18年1月サウサンプトン)やアリソン・ベッカー(←18年7月ローマ)と同じように重要な新戦力として、日本代表のアタッカーをアンフィールドに迎えた。...
別窓で開く

「今までとは全く違う…」リバプール指揮官クロップ、南野拓実の“変貌”にうれしい驚き! 「補強がなくても彼らがいる」
 昨シーズンのプレミアリーグで、30年ぶりのトップリーグ制覇を達成したリバプール。現地時間9月12日にはリーズ・ユナイテッドとの一戦で、新シーズンが開幕する。 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、9日に英公共放送『BBC』のラジオ番組に出演し、「タイトル防衛戦」に挑む意気込みなどを語った。...
別窓で開く

南野拓実もOBの一人…ザルツブルクの高額売却選手でランキングを作ったら?
 ライプツィヒは8日、姉妹クラブとして知られるザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャンを獲得したと発表した。ドイツメディア『キッカー』によると、移籍金は推定900万ユーロ(約11億円)。ボーナス込みで1400万ユーロ(約17億円)まで上がる可能性があるという。近年、育成クラブとして成果を上げてい...
別窓で開く

英紙がリバプール全選手の“貢献度”を採点! ファン・ダイク&マネが満点、南野拓実は最低タイの評価に
 現地木曜日のゲームで2位マンチェスター・シティがチェルシーに敗れ、リバプールの30年ぶり19回目のトップリーグ優勝が決まった。ユルゲン・クロップ監督をはじめチームもサポーターもこの朗報を受けて歓喜が爆発。マージーサイドの夜は真紅に染まった。 一夜明け、英メディアは一斉に名門リバプールの復活劇を取り...
別窓で開く


<前へ1次へ>