本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アニャ・テイラー=ジョイ、華麗なるディオールの着こなし
アカデミー賞アフターパーティーに、美しいディオールのドレスで登場したアニャ・テイラー=ジョイ。華麗なる着こなしを振り返ろう。 日本時間3月28日に開催された、映画の祭典アカデミー賞授賞式。ノミニーたちが艶やかに登場する授賞式のレッドカーペットもさることながら、ハリウッド中のセレブが駆けつけるアフター...
別窓で開く

「魔法を見ているような気分だった」英国の鬼才を虜にした若手女優の魅力
街がネオンで色づきはじめるこれから時期、華やかで刺激的な体験を味わいたいと思う人も多いのでは? そこで、そんな気分にオススメの話題作をご紹介します。『ラストナイト・イン・ソーホー』【映画、ときどき私】 vol. 434ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、小さな田舎町を出て、ロンドンのデザイン...
別窓で開く

ロサンゼルスで開催された第27回SAGアワード授賞式にアニャ・テイラー=ジョイがティファニーを纏って登壇
カリフォルニア州ロサンゼルス(現地2021年4月5日)で開催された、2021年度全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)にてNetflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(The Queen’s Gambit)で全米映画俳優組合賞テレビ映画・リミテッドシリーズ部門...
別窓で開く

実母と薬物の呪縛を断ち切り…「人々の希望の星となった」女性の大逆転劇
第78回ゴールデン・グローブ賞で作品賞・女優賞(リミテッド・シリーズ部門)に輝いた傑作『クイーンズ・ギャンビット』(Netflixドラマ全7話)の全話レビューも遂に最終回。チェスの戦術名でもあるタイトルに込められた意味を、ゲーム作家の米光一成が解説します。ラスト、真っ白なコスチュームで現れる主人公ベ...
別窓で開く

実母に無理心中を図られた過去…ひとりの天才女性の「未来を変えた壮絶人生」
ゴールデン・グローブ賞2冠! 主役のアニャ・テイラー=ジョイの授賞式での美しい姿も話題になった『クイーンズ・ギャンビット』(Netflixドラマ全7話)。全話レビューの第6回目では、ゲーム作家・米光一成が、人間模様の描き方の見事さに着目。最終話直前の緊迫感を解説します。ミュージカル化への期待も高まる...
別窓で開く

天才少女と凡才男性の同棲…「能力格差が生む」悲惨な現実『クイーンズ・ギャンビット』第5話
Filmarksでは4.3の高得点、2020年秋ドラマ満足度ランキングのベスト3にランクイン、辛口で知られるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)で97%と高評価の『クイーンズ・ギャンビット』(Netflixドラマ全7話)。全話レビューの第5回目では、主人公のチェスの天才少女ベス(アニャ...
別窓で開く

もし『クイーンズ・ギャンビット』が1980年代のMS-DOSゲームだったら
2020年10月にNetflixで配信が開始されると、世界中のさまざまな国々で大人気となったのが、チェスの天才少女を描いたドラマ『クイーンズ・ギャンビット』です。...
別窓で開く

『愛の不時着』並みの熱狂!…『嵐にしやがれ』でも話題の作家による『クイーンズ・ギャンビット』レビュー  #4
辛口で知られるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)で97%と高評価評価の『クイーンズ・ギャンビット』(Netflixドラマ全7話)。全話レビューの第4回目では、主人公のチェスの天才少女ベス(アニャ・テイラー=ジョイ)と養母アルマとの別れが描かれます。...
別窓で開く

『愛の不時着』より傑作!?…世界的大ヒット『クイーンズ・ギャンビット』レビュー #3
Netflixの大人気作『クイーンズ・ギャンビット』の主人公のベス(アニャ・テイラー=ジョイ)はチェスの天才少女。第3話では、ライバルのイケメンプレイヤー、ベニー・ワッツ(トーマス・ブロディ=サングスター)が登場する。『愛の不時着』に比肩する傑作の見どころを、神木隆之介と福山雅治のコラボ動画などで話...
別窓で開く

女性を見下す風潮に喝! 傑作『クイーンズ・ギャンビット』人気爆発の理由 レビュー#2
Netflixの大人気作『クイーンズ・ギャンビット』の主人公のベス(アニャ・テイラー=ジョイ)はチェスの天才少女。第2話ではいよいよ公式大会に出場。「女だ、子どもだ」と見下してくる男たちを相手取って、最初の勝利を掴みます。『梨泰院クラス』『愛の不時着』の興奮に匹敵する傑作の見どころを、ドラマを愛する...
別窓で開く


<前へ12次へ>