本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨年、史上最高値の779万円をつけたビットコイン。中米エルサルバドルが自国の法定通貨として採用するなど、“新たな通貨”として市民権を獲得しつつあることをご存じの人も多いだろう。 そんな仮想通貨の世界を切り開いてきたキーマンの一人が国内大手取引所「ビットフライヤー」の共同創業者、加納裕三氏。日本初の“...
別窓で開く

オミクロン株が急拡大中、世界では「フルロナ」「デルタクロン株」が出現
 一時はもはやコロナ禍も収束か、というほど日本では10月から明確な理由もなく感染者数が大幅に減って、国際的には「ミステリー」などとも言われていたのもつかの間、今年に入ると1日の感染者数が1週間で10倍以上になるほどの感染爆発が起こって、オミクロン株による第6波が到来中だ。...
別窓で開く

「デルタクロン」はデルタとオミクロンの同時感染ではと専門家 HIVやインフルでも似たケース
 キプロスの研究者が発見したというデルタ株とオミクロン株の複合株「デルタクロン変異株」に関する報道が話題になっている。 デルタ株の遺伝子の中にオミクロン株が内包されており、重症化リスクと強い感染力が合わさっているとも報じられた。研究者によると、これまでにデルタクロン株の感染確認が25例あったという。...
別窓で開く

最強の混合変異株「デルタクロン」拡大リスク デルタ+オミクロン同時感染が引き金に?
 また新たな変異株の登場だ。地中海の島国キプロスで、新型コロナウイルスの「デルタ株」と「オミクロン株」による混合変異株が発見されたと、米ブルームバーグ通信などが報じている。 この変異株は、キプロス大学生命工学・分子ウイルス学研究所のチームが発見し、「デルタクロン」と名づけられた。...
別窓で開く

安住アナ「本当でしたら大変怖いニュース」  新変異株か、「懐疑的な見方」も
「デルタクロン」とはなに? 東地中海の島国・キプロスの大学が特定したと報告した新たな変異株だという。重症化リスクの高いデルタ株と感染力が強いオミクロン株の両方の特性を併せ持っているといわれる。司会の安住紳一郎は11日(2022年1月)、「キプロス大学で25件の感染例が報告されたということです。...
別窓で開く

「365日毎日すき家を食べ続ける男」。2年以上通い続けた結果、“特殊能力”が備わる
1月10日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』は、林遣都と近藤春菜(ハリセンボン)をゲストに迎え、3組の激レアさんを紹介する。まず登場するのは、2019年9月から「803日連続で“すき家”を食べ続けている人」ことマナリスさん。2年半で食したメニューは驚異の830食にも上るそう。...
別窓で開く

「キング・オブ・アイスクリーム」と呼ばれた男性の葬送に集結したアイスクリームトラック
イギリスで「キング・オブ・アイスクリーム」と呼ばれた男性の葬送に、仲間たちのアイスクリームトラックが集結している様子を撮影した映像がTwitterに投稿され、大きな話題となっています。https://twitter.com/LouisaD__/status/1471779181667225603ルイ...
別窓で開く

「ニホンはとても閉鎖的な国」清水前指揮官ロティーナが、驚かされた日本の“異質な文化”を語る!「とてつもないのが…」
 先月4日に4試合を残して清水エスパルスとの契約を双方合意の上で解除したロティーナ監督が、母国スペインのメディア『deia』のインタビューで、日本について語った。 17年にJ2の東京ヴェルディの監督に就任した名伯楽は、その東京Vで2シーズン、セレッソ大阪で2シーズンを指揮。...
別窓で開く

イギリス空軍カメラマンの写真コンテスト 2021年の入賞作発表
 イギリス空軍の写真員(カメラマン)が1年で撮影した中から、一番を決める恒例の「RAFフォトグラフィック・コンペティション」。2021年の表彰式が11月29日(現地時間)に行われました。6名の審査員が1500枚以上の写真、50本の映像作品から各部門での1位〜3位を選定。撮影した空軍兵を表彰しました。...
別窓で開く

空港でスーツケースの代わりに流れてきた大量の冷凍の魚 乗客激怒「なぜこんなことに!?」(英)
今月1日、英ヒースロー空港のバゲージクレームで自分の荷物を待っていた人々の前に冷凍の魚が100箱以上も流れてきたという珍事が発生した。結局、乗客たちはその日のうちに荷物を受け取ることができず、2日後に返却されたという。奇妙なハプニングの詳細を『Dorset Live』などが伝えている。...
別窓で開く


[ キプロス ] の関連キーワード

デルタクロン フルロナ イギリス hiv キング

<前へ1234567次へ>