本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ戦争はどのように終結するのか。元外交官で作家の佐藤優さんは「1953年の朝鮮戦争の停戦が参考になる。バイデン政権は、ウクライナが韓国のように栄え、ロシアが北朝鮮のように孤立することを狙っているようだ」という——。(連載第13回)■マリウポリ陥落後、欧米のウクライナ報道が変わった5月17日、...
別窓で開く

 【ロンドン時事】ロシア軍の侵攻を受けるウクライナの首都キーウ(キエフ)で26日、ミサイル攻撃による大規模な爆発が起きた。首都が攻撃対象になったのは3週間ぶり。同日開幕の先進7カ国首脳会議(G7サミット)や29日からの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせ、ロシアがウクライナ支援で結束する西側...
別窓で開く

ウクライナで今後想定される3つのシナリオ…ロシア侵攻4か月
 ロシアによるウクライナ侵攻は、開始から4か月を迎える。物量に勝る露軍と、米欧の支援を受けるウクライナ軍が激しい戦闘を繰り広げる中、今後、想定されるシナリオを3通りに分けて分析した。...
別窓で開く

異例のスピードで「ウクライナのEU加盟候補国入り」を承認させたゼレンスキー大統領のある「戦略」
筑波大学教授の東野篤子氏が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナのEU加盟候補国の地位承認について語った。【ウクライナ侵攻】記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=2022年4月23日午後、ウクライナ・キーウ 写真提供:産経新聞社EU閣僚会議「ウクライナ...
別窓で開く

「仏独伊」首脳が強調するウクライナ支援の先にある「ヨーロッパ大国の思惑」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フランス、ドイツ、イタリアの首脳によるキーウ訪問について解説した。...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いは「ウクライナ軍が諦めない限り」続く
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のウクライナ情勢について解説した。インタビュー取材を受けるウクライナのゼレンスキー大統領=2022年3月1日、キエフ(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社ゼレンスキー大統...
別窓で開く

スマホはウクライナに筒抜け、タイヤは中国製、携行食の横流し…ロシア軍のグダグダ過ぎる内情とは
 ウクライナ侵攻でロシア軍の苦戦が続いている。“軍事大国”だったはずのロシアは、なぜこれほどまでに弱体化したのか。専門家は「粗悪な装備品」を指摘し、その原因が「横領や横流しなど、ロシア軍内部の汚職」にあると指摘する。 *** さる軍事ジャーナリストは、「軍事力は経済力に比例します」と言う。「善戦して...
別窓で開く

台湾有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が5月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ侵攻によって変化する各国の安全保障について解説した。...
別窓で開く

ウクライナ軍に提供される榴弾砲「M777」、砲弾「エクスカリバー」の強烈過ぎる破壊力 兵器の装備でもロシア軍は惨敗
 ウクライナ軍はロシア軍の侵攻を必死に食い止めてきた。だが最近は、“反転攻勢”の可能性を報じる記事が増えている。代表的なものとして3紙の見出しを紹介しよう。...
別窓で開く

ロシアの侵攻、自衛隊が教訓とすべき点は? 元陸自トップ語る 祖国を守るキーポイント
長期化しつつあるロシアとウクライナの戦闘。まぜロシアはそこまで手こずっているのか、そして自衛隊が教訓とすべき点はどこにあるのか、陸上自衛隊のトップを務めたOBに話を聞きました。ロシアが採ったウクライナ侵攻のやり方 2022年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵略は、長期化の様相を呈しています。...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>