本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ロシアの中に、ウクライナが隠れている「週刊東洋経済」(2022年5月14日号)「週刊東...
別窓で開く

原発事故の真実描く『チェルノブイリ1986』 恐怖のあまり常軌を逸していく様子を消防士や民衆視点で捉えたリアリティ
『チェルノブイリ1986』©≪Non-stop Production≫ LLC, ©≪Central Partnership≫ LLC, ©≪GPM KIT≫ LLC, 2020. All Rights Reserved.■タイムリーゆえに切実なリアリティまさかこんな時...
別窓で開く

今季はCL準決勝で激突! マンチェスター・Cとレアル・マドリードの全対戦を振り返る
26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、マンチェスター・Cは本拠地『エティハド・スタジアム』にレアル・マドリードを迎える。? CL初優勝を目指すマンチェスター・Cにとっては通算3度目となる準決勝の舞台。一方、チャンピオンズカップ時代も含めて最多13度の優勝歴を誇るレアル・...
別窓で開く

今、売れている「ウクライナの歴史」本。ロシアと戦う理由がわかる。
 緊迫するウクライナ情勢を知る上で役に立つと、今売れているのが本書『物語 ウクライナの歴史』(中公新書)だ。2002年の初版だが、少しも古びておらず、今年(2022年)4月で12版と版を重ねているロングセラーでもある。ロシア帝国やソビエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも、独自の文化を失わず、多...
別窓で開く

プーチン、150人スパイ粛清で権力基盤は崩壊寸前 諜報機関トップの“合成動画”を敢えて流した狙い
 イギリスの高級紙・タイムズ(電子版)は12日、「Putin ‘purges’ 150 FSB agents in response to Russia’s botched war with Ukraine」との記事を配信した。 *** 見出しを直訳すれば、「ウクライナ侵攻で、ロシアはぶざまな敗北 ...
別窓で開く

数百万人が餓死し、ついには首相が自殺……ウクライナを破壊し尽くした「スターリン」の大虐殺
「愚民を動している結果に過ぎないのである」日本の元首相・芦田均がウクライナ自治運動を冷たい目で見ていた理由 から続く ウクライナへの弾圧は、戦前にも行われていた。特にひどかったのが、1924年から1953年までソ連の最高指導者を務めたヨシフ・スターリンによる政策だ。...
別窓で開く

「愚民を動している結果に過ぎないのである」日本の元首相・芦田均がウクライナ自治運動を冷たい目で見ていた理由
 ウクライナと日本の交流は実は戦前からあった。外交官時代の芦田均も、ウクライナ情勢観察のためかキエフの街を訪れている。のちに日本の総理大臣となる彼はそこで何を見たのか? そして当時盛んだった「ウクライナ自治運動」をなぜ冷たい目で見ていたのか? 芦田均の「ウクライナ訪問記」を、『 物語 ウクライナの歴...
別窓で開く

ナチスに酷似する「プーチン親衛隊」、内部崩壊は間近 混迷するロシア国内武力の「三すくみ」構造
 プーチン戦争指導部が迷走の度合いを深めているようです。 私が「敗戦」を前提にプーチン(政権)の末路について具体的に記したのは、3月16日公開の本連載(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69294)でしたが、この頃はまだ畏友・佐藤優など「今回はロシアが軍事的...
別窓で開く

ウクライナ侵攻「終結」に向けて考えられる「3つのシナリオ」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月31日放送)に防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官の千々和泰明氏が出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>