本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本共産党・山下芳生筆頭副委員長 「政治の役割は戦争を起こさないこと。軍拡競争では日本を守れない」
日本共産党・山下芳生筆頭副委員長が7月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。参議院選挙における日本共産党の公約について語った。イルピン上空を飛行するウクライナ空軍の練習機L-39とみられる機体=ウクライナ・イルピン 撮影日:2022年04月28日 写真提供:産経新聞社参議院...
別窓で開く

異例のスピードで「ウクライナのEU加盟候補国入り」を承認させたゼレンスキー大統領のある「戦略」
筑波大学教授の東野篤子氏が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナのEU加盟候補国の地位承認について語った。【ウクライナ侵攻】記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=2022年4月23日午後、ウクライナ・キーウ 写真提供:産経新聞社EU閣僚会議「ウクライナ...
別窓で開く

まずは他国より「約2倍高い日本の電気代」を見直すべき
ジャーナリストの有本香が6月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。6月22日公示となる参議院選挙での争点となる政策について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」参議院選挙、6月22日公示 〜政府は「物価・賃金・生活総合対策本部」の初会合を開催参議院選...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の...
別窓で開く

台湾有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が5月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ侵攻によって変化する各国の安全保障について解説した。...
別窓で開く

「フィリピン大統領選でマルコス元上院議員圧勝」で気になる中国との今後の関係
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フェルディナンド・マルコス元上院議員が当選を確実にしたフィリピン大統領選挙について解説した。...
別窓で開く

岸田総理が東南アジアと欧州の両方を歴訪した「もう1つの理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロンドンで行われた日英首脳会談について解説した。2022年5月4日、記者の質問に答える岸田総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kish...
別窓で開く

<ウクライナ危機>ゴードンさんの遺したもの=日本国憲法に記された「個人の尊厳と両性の平等」
ロシアのウクライナ侵略が2カ月を超え、各地の目を覆うばかりの惨状に、日々心を痛めている。プーチンによる独裁体制がさらに強化されている現状を見るにつけ、ソ連崩壊後のロシアは、資本主義経済に急激に転換し、選挙制度を取り入れたものの、それだけでは民主主義国家にはならなかったのだとつくづく思わされる。...
別窓で開く

「日本に尊敬の念がこもっている」 ゼレンスキー大統領演説を聞いた避難家族の印象(THE TIME,)
きのう23日(2022年3月)午後6時、ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会でオンラインによる演説を行った。安住紳一郎アナがこのニュースに関して「この演説をメモを取りながら聞く人がいました。ウクライナから日本に避難している人たちです。母国を離れて聞く大統領の言葉はきっと胸にしみたと思います。ど...
別窓で開く

海外要人との会談が続く岸田総理の「今後の外交政策」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の外交政策について語った。2022年4月18日、日・スイス首脳会談〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actio...
別窓で開く



<前へ123次へ>