本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ軍 ハルキウ奪還で露呈したロシア軍の致命的欠陥 軍事専門家も驚き
 奇襲攻撃は、なぜ成功したのか──? 日テレNEWSは9月13日、「ウクライナ軍『不意打ち』成功で——領土“東京の1・4倍”を電撃奪還 ハルキウで何が?『ロシアの目標は風前の灯火』の見方も」との記事を配信した。担当記者が言う。 ***「9月11日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44...
別窓で開く

「中国空母」10年 始まりはウクライナの中古 国産新鋭艦「福建」に至るまで 今後どう出る?
2012年9月下旬に中国初の空母「遼寧」が竣工してから早10年。奇しくも2022年には3隻目となる空母「福建」も進水しています。2019年に竣工した「山東」含め、これまで中国は3隻の空母を手にしています。それらを改めて振り返ります。ウクライナ生まれの中国育ち 空母「遼寧」 2022年8月24日、中国...
別窓で開く

防衛力強化で懸念される「2つ」のこと
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2023年度予算の概算要求について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」2023年度予算の概算要求締め切り財務省は各省庁からの要求を...
別窓で開く

クリミア半島「取り戻す」ゼレンスキー大統領発言でロシアの反発増大か 専門家が分析
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授・土屋大洋(つちや・もとひろ)が8月25日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナ侵略について、戦争が長引いている背景について分析した。...
別窓で開く

キーウ在住の編集者が語る「ウクライナの現状」 ロシアの軍事侵略から半年が経過
キーウ在住で「ウクルインフォルム通信」編集者の平野高志氏が8月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる軍事侵略から半年となるウクライナの現状について現地から語った。...
別窓で開く

世界が「三極構造」になりつつあることを予兆するトルコの動き
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月18日に行われたウクライナ・ゼレンスキー大統領と国連・グテレス事務総長の会談について解説した。...
別窓で開く

「どこにも安全なところがないぞ、と。思想がテロに近い」ウクライナ市民の意思をくじこうとした、ロシア軍の“誤算”
「(侵攻から)最初の1ヶ月の記憶がないんですよ……」 そう語るのは東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏。ロシアによるウクライナ侵略からしばらくの間、テレビを始めとするメディアで見ない日はなかったといっても過言ではない、ロシアを専門とする安全保障研究者だ。...
別窓で開く

長期化するウクライナ侵攻でプーチンとの「核」の駆け引きも続く
初めは短期決戦と予測されていた、ロシアによるウクライナ侵攻。しかし侵攻が始まって早4か月、まだまだこの戦いが終わる兆しは見えない。これ以上、苦しむ人々を増やさないためには、誰がどのように行動することが求められているのだろうか? 防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、...
別窓で開く

太平洋戦争の「出口戦略」を誤った日本 その検証が不足し「入り口論」が支配する日本の安全保障論争
防衛研究所戦史研究センター主任研究官の千々和泰明氏が8月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。第二次世界大戦の終結について語った。御前会議(8月14日午前11時/日本標準時))  PD終戦から77年、全国戦没者追悼式終戦から77年となる8月15日、政府主催の全国戦没者追悼...
別窓で開く

欧米はウクライナになぜ「HIMARS」や「NASAMS」をもっと供与しないのか
 ウクライナ軍の反攻は、いつになったら始まるのか?──そう思いながら、国際ニュースを閲覧している人は多いかもしれない。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44)は「6月反攻」を宣言していたが、ロシア軍の猛攻にウクライナ軍は敗走を重ねている。 *** かつてはウクライナ軍の圧勝が報道されて...
別窓で開く


[ キエフ アメリカ ロシア ] の関連キーワード

クリミア半島 himars nasams 太平洋戦争 ゼレンスキ
ウクライナ トルコ ロシア