本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「なぜ悲劇は繰り返されるのか」元駐ウクライナ大使が20年前に出版した本で伝えたかったこと
 なぜ悲劇は繰り返されるのか。元駐ウクライナ大使の黒川祐次氏による「ウクライナ残酷な物語」を一部転載します。(「文藝春秋」2022年6月号より)◆ ◆ ◆■「これは大した国が隠れていたものだ」 ウクライナへのロシアの侵攻により、私が2002年に出版した本『物語 ウクライナの歴史』(中公新書)が注目さ...
別窓で開く

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原...
別窓で開く

岸田総理が東南アジアと欧州の両方を歴訪した「もう1つの理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロンドンで行われた日英首脳会談について解説した。2022年5月4日、記者の質問に答える岸田総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kish...
別窓で開く

今季はCL準決勝で激突! マンチェスター・Cとレアル・マドリードの全対戦を振り返る
26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、マンチェスター・Cは本拠地『エティハド・スタジアム』にレアル・マドリードを迎える。? CL初優勝を目指すマンチェスター・Cにとっては通算3度目となる準決勝の舞台。一方、チャンピオンズカップ時代も含めて最多13度の優勝歴を誇るレアル・...
別窓で開く

露軍最精鋭・第331空挺連隊で戦死者続出、指揮官以下39名死亡…海外報道
ロシアの最精鋭部隊とされた第331親衛空挺連隊がウクライナ侵攻で大きな損失を被ったことが明らかになった。指揮官であるセルゲイ・スハレフ大佐が交戦中に死亡し、少なくとも39人の隊員が死亡したことが確認されたとBBCが報じた。...
別窓で開く

「ロシア側につくのか否か」中国に踏み絵を迫る 米中高官の対面会談の「大きな意味」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月14日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司が出演。イタリアのローマでの米ジェイク・サリバン大統領補佐官と中国の外交トップの楊潔?政治局員の会談について解説した。...
別窓で開く

ボルシチは「ロシア料理」なのか「ウクライナ料理」なのかという問題
どっちの料理?ボルシチが美味い、美味すぎる!!いや、ボルシチなんてこれまで、日常的に食べるものではなかった。提供するレストランは少ないし、自分で作るのは面倒くさい……と思っていたのだが、つい先日ロシア食品店「赤の広場」でゲットした「ボルシチの素」によって、その考えが根底から覆された。...
別窓で開く

アーセナルやマンUらが突破…トッテナムは延長戦の末に痛恨の逆転敗退/ELラウンド16
 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)セカンドレグが18日に各地で行われた。 アーセナルはホームでオリンピアコスに0−1で敗れたが、ファーストレグで3−1の勝利を収めていたため、2試合合計3−2でベスト8進出を決めた。ローマはアウェイでシャフタールと対戦し、FWボルハ・マジ...
別窓で開く

ELベスト8が決定!ポグバ弾でミラン撃破のマンU、アーセナル、ローマなどが勝ち上がり!トッテナムはまさかの大逆転負け
 現地時間3月18日、欧州各地でヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ16第2レグ8試合が開催され、ベスト8が決定した。 第1レグを1−1で引き分けたミラン対マンチェスター・ユナイテッドの注目カードは、スコアレスで迎えた後半、このままではアウェーゴールの差で敗退となる後者が勝負に出る。主砲ラッシュ...
別窓で開く

マンU対ミランは劇的ドロー…アーセナルやローマが先勝/ELラウンド16第1戦
 ヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)ファーストレグの8試合が11日に各地で行われた。 マンチェスター・U(イングランド)はホームでミラン(イタリア)と対戦。18歳のアマド・ディアロのトップチーム初ゴールでマンチェスター・Uが先制したが、後半アディショナルタイムにシモン・...
別窓で開く



<前へ1234次へ>